フリーライター京*mia【自由スタイル探求帖】

世界放浪からシドニー移住後、京都に惹かれて帰国中。もっと自由に、自然に生きたい♡ 探求ライターの徒然帖です。現在の拠点:京都と大阪を行ったり来たり…

カフェインレスな暮らしを軽やかに目指す日々の記録

f:id:miaE:20190320201849j:plain

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。

 

コーヒー中毒と言っても差し支えないほど、私はコーヒーのある暮らしを愛しています。

 

何ならカフェでバリスタしていましたから、あの頃は毎日3~4杯は仕事中に飲んでいたっけ。さらにオフの時間にも飲むので、5~6杯。

しかもオーストラリアはシドニーで暮らしていた頃なので、濃厚なエスプレッソを使ったコーヒーばかり。

 

オフィスワークでライターをしていた時も、フリーのライターになってからも変わらず、毎日3~4杯は飲みます。

 

それで、ですよ。

 

mia555.hatenablog.com

2019年の頭に私、人生初めての断食を経験していますが、この際に一番最初に感じたのがカフェインのもたらす影響力です。

 

つまり、カフェインを抜いてからの2日間がとにかくだるい、普段はないのに頭痛がする、気力が出ない…。

 

あれは空腹から来るだるさではない、と直感的にわかりました。

さすがに、カフェインを求めて手足が震える、まではいきませんでしたがとにかく頭痛に耐える時間。断食しているのでもちろん、頭痛薬も飲みませんでしたから。

 

…が!!

 

恐らくカフェインが抜けたであろう時期くらいから、体が驚くほど軽く、頭がこちらも驚くほどクリアになったのです。

 

抜けたー!!!

 

と実感しました。

 

先日、某コーヒーショップでいつものようにドリップパックを探していたら、「有機カフェインレス」なるものを発見!

 

ディカフェは知っていましたが、カフェインレスは初めて。きっとあったのでしょうが、自分が求めていないものは目に入って来ないのですよね、きっと。

 

でも目に留まった、ということは今、私にきっと必要なのだと思い、即購入。

 

効果は…、今のところはまだわかりません。

ときどき通常のカフェイン入りコーヒーも飲むし、カフェでも普通に飲んでいます。

 

ですが最近では、「カフェインレス」に飽き足らず、「ディカフェ」や「たんぽぽコーヒー」までをバリエーションに加えて、2杯目3杯目と進むごとにカフェインの量を減らす選択肢を作っています。

 

ちなみに「たんぽぽコーヒー」とは、たんぽぽの根をじっくりと乾燥、焙煎、粗挽きしたコーヒー風味のノンカフェイン飲料のこと。

そう、本物のコーヒーではないのです。あくまで、コーヒー風味。

似たような選択肢に「玄米コーヒー」というのもあり、腸にいい影響が期待されるとかで、さらに美味しいのでこちらもお気に入り。

 

実は「たんぽぽコーヒー」は英語で、「Dandelion coffee(ダンデラインコーヒー)」といい、オーストラリアにも存在します。

 

バリスタ時代、オーガニックカフェで働いていたことがあり、そのメニューにあったのですがそこで使っていたのはパウダー状のものだったため、最近まで私2つが同じものだと気が付きませんでした。

当時は「なんだかわからないコーヒー」だと思って作っていたっけ…。しかもミルクと混ぜるメニューがあるんですよ、そりゃ気付かないですよね。

 

話は逸れましたがつまり私は、カフェイン断ちとまではいかずとも、カフェインレスライフを目指すことにしました。

 

カフェインが抜けている状態が、あまりにも爽快だったからです。体も頭も軽かったからです。

 

急に止めるとつらくなるのは本望ではないため、私の脳が気付かないくらい静かに自然にシフトチェンジしていきたいと思います!

 

体に変化などあれば、またご報告しますねー♡

 

f:id:miaE:20190320201454j:plain

今家にあるストック。無印のは「有機カフェインレス」で、こちらは新発売のよう

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

先斗町で上質肉をリーズナブルに!知っておくと鼻高々な新店「先斗町 焼肉やまかわ 本店」さんをご紹介

f:id:miaE:20190314202609j:plain

 

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。

 

四条の端に突如現れる、風情溢れる路地。先斗町と言えば、今でこそ観光客向けのお店が増えましたが、昔ながらのお店がひしめくれっきとした京都を代表する花街のひとつです。

 

今でも高級店や名店などが軒を連ね、一見さんにはちょっと敷居が高いイメージがあるかもしれません。

 

でも京都に来たからには先斗町で、美味しい食事にありつきたい!そんなあなたの強い味方になってくれそうな、新店を発見しましたのでご紹介します。

 

その名も、「先斗町焼肉やまかわ本店」。

 

実は大阪の高槻に自社精肉店と焼き肉店を構え、どちらも上質肉をリーズナブルでいただけると地元では評判のお店だそう。

 

その人気店の京都出店とあり、期待が高まります!

 

価格帯の安い焼き肉店は多いが価格が伴わない、と「良い肉を気軽に」をモットーにオープンしたこちら。

業界で40年以上の経験を持つ支配人の土井さんが、厳しい目利きで選ぶ国産にこだわった黒毛和牛。自社精肉店で買い付ける一頭買いだからこそ叶う、リーズナブルな価格設定や、豊富な高級希少部位などが特徴です。

 

f:id:miaE:20190314202623j:plain

やまかわ盛り合わせ5980円(2~3人前)

 

コストパフォーマンスに感動の盛り合わせ。「どの部位も美味しいからなぁ」とニコニコおっしゃる土井さんの様子から、肉への愛情みたいなものを垣間見ました♡美しいピンク色に、上品に入ったサシ、これはもう間違いがない…!

 

f:id:miaE:20190314202654j:plain

焼くのがもったいないほどの美肉♡

 

タレは肉の脂身を洗い流し、さっぱりといただける柑橘系の自家製ダレ。…これが美味しい!爽やかであっさり目だけれど、奥が深い、クセになる味わいです。

 

と、私がタレに心奪われていると、「でもやっぱりワサビなんですよー!」と店長さんもまたニコニコとおっしゃる。いいなぁ、ここの店は関わる方が本当に「美味しい上質な肉をただ知って食べて欲しい」という想いでされているのだなぁ、と。

その想いに触れるだけで、温かい気持ちになるものです。

 

もちろんお味は…いうまでもありませんが、美味です。とろけます、噛み締めると口中に溢れる肉汁に溺れます。

 

お気を付けて、頬張り過ぎないように!

 

さて写真にはないのですが、切り出す前の状態の肉の塊をゲストに見せ、好きな切り方を選んでもらうという迫力の姿切りも、こちらの名物。圧倒的サイズの肉塊に、毎回歓喜の声が上がるそうです。

 

また先斗町店では、フレンチ出身の金森シェフを迎え、フランス料理において「焼く」「蒸す」「煮る」に次ぐ、第四の調理法と言われる「真空低温調理法」を実践した料理もメニューに登場。

日本に同調理法が入ってきた、1980年代よりその技法を取り入れているという第一人者のシェフによる、旨味を閉じ込めたコールドビーフのユッケ風やローストビーフは必食ですよ!

 

f:id:miaE:20190314202720j:plain

ワインやマッコリ、日本酒までその時の気分に答える、バリエーション豊富なアルコールもあり、肉料理に合わせてバルのような使い方をするのもおすすめ

 

f:id:miaE:20190314202727j:plainf:id:miaE:20190314202732j:plain

全体的に、隠れ家のような落ち着いた空間

 

1階にはカウンターもあるのでもちろん1人利用もOK!でも先斗町で焼肉デートなんていうのも素敵ですよね。特別なときだけではなく、日常使いもできる先斗町の1軒なんて、知っておくとやっぱり鼻高々ですよね。


Add:京都市中京区若松町137-7

Open:11:30〜14:00(LO)、17:00~23:30(LO23:00)

Close:不定

  

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

「tubara cafe」で“しみじみ、心ゆくままに”、老舗和菓子と日本庭園の妙を味わう

f:id:miaE:20190304211536j:plain

 

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。

 

京都の和菓子界において「鶴屋吉信」さんと言えば、名前くらいは知っているのではないでしょうか。

 

享和3年創業の、老舗和菓子店です。

 

その「鶴屋吉信」さんが堀川今出川の角地、本店のすぐ隣に2019年2月4日、「tubara cafe(つばら カフェ)」をオープンされました。定番のお菓子「つばらつばら」や銘菓「巣ごもり」などをお好みのドリンクと一緒にいただけます。

 

こちらも某雑誌の取材でお伺いしたのですが、お店さんの想いやこぼれ話など書き切れなかった内容をご紹介したいと思います。

 

「つばらつばら」とは万葉の言葉で“しみじみ、心ゆくまで”という意味で、店名の「tubara cafe」はそこから付けたのだとか。

 

「和菓子の本当の良さを知って欲しい」という想いでオープンされたカフェは、木と石と真鍮をベースにした温かみのある内装と、広々とした空間が印象的です。

「ゆったりと、それこそ “つばらつばら” 和菓子を楽しんで欲しいので、席数も多くせず窓を広く取り、ゆったりと寛げる空間にしています」と女将さん。

 

また特筆すべきは、敷地内を囲むように配された立派な日本庭園。

 

店内のお客さんはもちろんですが、通り過ぎる人にとっても目の休まる場所となるように、とのこと。また車や人が急ぎ足で行き交う外の世界と、静かな時間が流れるカフェの店内を隔てる存在にもなっているようでした。時々は小鳥がやってきて囀るという、自然を感じる空間に身を置くと、街の真ん中とは思えないほど寛いできますね。

 

お庭を愛でながら、和菓子を楽しむ。老舗のお店らしいおもてなしの心を感じます♡

 

f:id:miaE:20190304211636j:plain

植物も植えられ、これから四季折々の表情を見せてくれるはず

f:id:miaE:20190304211632j:plain

大きく取られた窓枠を生かすため、テーブルもあえて低くしているそう

 

和菓子のメニューはいたってシンプル、全てお菓子とドリンクのセットです。

 

◆巣ごもり(1,000円)

◆つばらつばら(1,000円)

◆シフォンケーキ(1,000円)

◆つばらクッキー(900円)

 

※全て税別

 

そしてドリンクは、つばら紅茶(H/C)、コーヒー(H/C)、ハーブティー(H/C)、ほうじ茶(H/C)などから選べます。

ちなみにコーヒーは北山の「CIRCUS COFFEE」さん焙煎の「紫竹ブレンド」がぴったりだったとか。深煎りでほんのりと苦みを感じるコーヒーが、こちらでいただける和菓子に合うようです。

 

f:id:miaE:20190304211607j:plain

奥の右から「巣ごもり」「モリンガティー」、手前「つばら紅茶」、「つばらつばら」「ホットコーヒー」

 

ドリンクやお菓子に合わせてスタッフの方が選んでくれる、器も可愛いー!

 

この「つばらつばら」ですが、焼き皮が工場より直送されるため、水分量が多い状態でラムレーズン・抹茶・柚子と3種のマスカルポーネ餡を包みます。もちもちでありながらふんわりした口当たりは、本店などで購入できる「つばらつばら」とはまた一味違うそう。カフェでのみ楽しめる味わいです。

 

ラムレーズンをいただいたのですが、思ったより主張は強くなく、それでいてラムレーズンの薫りが鼻から抜けるほど風味豊か。レーズンの食感も楽しく、食べ応えもたっぷりでした。美味しい…♡

 

そして「巣ごもり」は、伝統的な和菓子で今はこちらのカフェでのみ食べられるそう。

吉兆を告げる鶴が大切に育てている卵をイメージした、おめでたいシーンにもぴったりのお菓子。卵に見立てたコロンとしたフォルムが愛らしいですね!

 

女将さん曰く、「こういう素朴な和菓子にこそ、職人の技術や伝統的な美しさ、そして手で掴んで一口でいただくところに温かさがあるんです」と。そんな正統派かつ温かみのある和菓子「巣ごもり」は、引き出物として贈る和菓子でもあったそうです。

 

お礼やお祝いなど、気持ちを和菓子に込めて贈る、そういう文化も素敵だなぁ、と思いました。

 

単純に洗練された空間で、気軽に老舗の味を楽しめるカフェ、それだけでも行く価値は十分ですけどね。

 

 

Add:京都市上京区西船橋町340-1

Open:10:30〜17:30(LO17:00)

Close:水曜日

www.instagram.com

  

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

ベルギー王室御用達「madame delluc」の味を、伝統を広めるに相応しい祇園から

f:id:miaE:20190304201623j:plain

 

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。

 

突然ですが、皆さんチョコレートはお好きですか。

京都・祇園に日本1号店をオープンしたチョコレート店「madame delluc(マダムドリュック)」。

先日某雑誌の取材で訪れ、とても興味深いお話を色々聞けたのに、文字数の都合上割愛することになったこぼれ話の数々…。せっかくなので全部まとめてご紹介したいと思います!

 

本店はベルギーにある「Mary(マリー)」。なんとこちらニューヨークタイムスが選ぶ「死ぬまでに行きたい1000の場所」で、チョコレート 店として世界で唯一選ばれている世界規模で話題のお店なのだとか。

 

日本ではベルギー=チョコレートという認識も根強いですが、同店はそのベルギー王室の御用達に選ばれている8つしかないチョコレート店の中で、最も古い老舗なのです。それだけで、もうその伝統や歴史、品質への期待は高まる一方ですね。

 

しかも王室御用達のショコラトリーの中で唯一女性職人のお店とのこと。そう、マリーさんですね。彼女は「チョコレートと結婚したの」という名言を残すほど、生涯をチョコレートに捧げた情熱家。またこちらの老舗は家系ではなく、技術で代々引き継がれているというのも、なかなか面白い話です。

 

さて、そんな「Mary」が「madame delluc」として、同じく伝統を重んじる京都の祇園へ初上陸!築120余年の京町家をリノベ―トしたショップから、その美味しさを発信していきます。

 

f:id:miaE:20190304201553j:plain

和と洋が融合しつつ祇園の街に馴染む佇まい

 

f:id:miaE:20190304201746j:plain

f:id:miaE:20190304201743j:plain

 

店内に並ぶチョコレートは現在は8種類。それぞれが放つ艶と存在感、大きめの粒がもう見るからに美味しそう♡

 

これらは幻と言われるクリオロ種のカカオ、ピュアバター、フレッシュバニラ、ショコラティエが全て手で選別したピーカンナッツなど、選りすぐりの素材で丁寧に作られています。ちなみにカカオは、メキシコに農園を作って栽培している自作のものだとか!そこまでのこだわりは、一粒舌に乗せてみるとわかるはずです。

 

 

f:id:miaE:20190304201710j:plain

 

創業者マリーがデザインしたパッケージは、ギフト向きの華やかさで作りが丈夫なのも嬉しいですね。ボックスはアクセサリー入れに、バッグは荷物入れに使うなど役立ちそう。

 

f:id:miaE:20190304201750j:plain

 

そして彼女こそが、「madame delluc」を日本でオープンさせた店長の岡本さんです。

旅行先で訪れたベルギーでこちらのチョコレートに惚れ込み、今回の初出店に至ったそうです。「今までは普通の主婦だった」とのことですが、これほどの行動力を持つパワフルで素敵な笑顔の女性でした。

 

ちなみに1粒味見をさせていただきましたが、上品な口溶けにまず感激!そして濃厚な味の中に、甘さとビターさが絶妙に共存していました。

 

後はご自身の舌でぜひ、試してみてくださいね。

 

ちなみに同建物の2階はカフェになっており、これらのチョコレートや京都店限定の抹茶ワッフル、ドリンクをゆっくりと楽しむこともできます。

 

※写真は許可を経てお借りしています

 

Add:京都市東山区上弁天町435-1

Open:10:00〜20:00(カフェLO19:00、販売LO20:00)

Close:不定

madamedelluc.jp

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

「PrettyOnline」深夜の美味しいコーヒーが叶う『escape LODGE and ESPRESSO』は、大人のサードプレイス【お仕事忘備録】

f:id:miaE:20190302115840j:plain


Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。

 

深夜に飲みたくなるものって、何もお酒だけじゃないですよね。飲みに行った帰りひとりになって、なんかまだ物足りなくて、でもひとりで入り易いバーや居酒屋も知らない…。

 

そんな時に、ぜひ知っておいて欲しいこちら、東横堀川沿いに静かに佇む『escape LODGE and ESPRESSO』。美味しいハンドドリップのコーヒーも、ちびちびと飲みたいリキュール入りドリンクも、もちろんワインも揃い、オーナーが選りすぐった焼き菓子もスタンバイ♡

 

これらが深夜まで楽しめるなんて、とても非日常的。もちろん夕方から空いているので、夜のはじまりの一杯を夕暮れる街並みを眺めながら、というのもおすすめです。

 

詳細は記事をご覧くださいね。

www.pretty-online.jp

 

f:id:miaE:20190302120003j:plain

空間デザイナーでもあるオーナーによる、ロゴ入りショップカード

f:id:miaE:20190304175102j:plain

実はこちらのキッシュ…今までで一番美味しかったかも(ワタシ調べ)♡

f:id:miaE:20190304175108j:plain「ここで働くようになって空を見ることが増えました」。店内からは季節によってビルの間に沈みゆく太陽を眺めることができる

 

※こちらの媒体ではお店の選定から、写真撮影まで担当しています。

※大阪で記事に取り上げて欲しい店舗さんがいらっしゃいましたら、ご一報ください。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

「2019 確定申告」1年に1度、数字の祭典!案ずるより産むがごとし、だったかな

f:id:miaE:20190301225445j:plain

 

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。

 

「確定申告」。

 

フリーランスや自営業が逃げられない、1年に1度平等に訪れる数字の祭典。

 

計算、数字、書類、堅苦しいこと、苦手過ぎるワタクシ。

 

この時期が来ることを恐れてもいたけれど、実際まだ白色申告だし収入もシンプルだから実は簡単なんじゃないのぉーと内心軽くみても、いた(要はナメていた)。

 

なら早々に手を付ければいいものを、周りがtwitterなどで呟きだしそろそろ感があちこちで充満し始めても、中々重い腰が上がらないのですよ。

 

仕方がないので私がしたことは、一切の放置!ムネハハレナイ

 

とりあえず嫌なことや気分の重くなることは、考える時間を少しでも短くすること。そして心躍るようなこと、気分の上がることで心を満たすことが大切。

そう、それが私の最近のもっぱらのモットーなのです。

 

最近の私の直感は日に日に研ぎ澄まされている、それを信じようと決めました。苦笑。

 

そう、時期が来たら、きっとわかる!

 

するとその時は来ました、なぜかラテン音楽が聴きたくなり…と、聴いているうちに(今だ!)と心の声がしたのです。

 

そしてパソコンを開き、白色なので「弥生」さんにお世話になりただ黙々と必要な情報を打ち込み続ける…。

すると頭がクリアになり、考えなくてもやるべきことが感覚的にわかるような感じ。集中力は果てるどころか、漲ってくるという不思議な感覚に。おかげで1日でかなり進めることができました。

 

…ただデータの取り込みをしようとするもなぜか2018年まで遡って情報が集められない、とか、ようやく集められたものは読み込み不可能だったり…。また、各出版社や代理店から送ってもらった支払調書分の金額と、私が打ち込むべき金額にずれがあったり(発生主義で打ち込むので)…。あげく、お仕事いただいた会社の中で2社に分かれていて振込元がテレコになってしまっており何度も確認したり(会計担当が友人で助かった!)、云々…。

 

まぁ、要は色々と躓くこともありましたが、大きく見るとスムーズに進んだと思います。

 

あのラテン音楽でスイッチが入ってから5日後の本日、2019年3月1日(金)、無事に市の税務署に提出することができました!パチパチ

 

しかもですよ、税務署はとにかく混雑すると聞いていたので、かなり覚悟して行ったのになんと、私の前には人ひとりおらず。

 

この時期の待ち時間ゼロって、奇跡ですよ、ね!

 

ま、全体の提出期間の中で比較的空いていると予測されている日時は狙いましたが、それにしても、まるで私のためだけに開かれていたかのような窓口。しかも担当者さんが、とっても気さくで優しく対応してくれるという幸せ。

 

「大丈夫、恐れるな、確定申告は怖くない」

 

そう教えてもらっているような、物事の進み方でした。

 

もちろん、確定申告は自分の稼ぎの詳細が数字でわかるので、慣れるともっと面白いはず。どのクライアントから一番依頼受けているか、何月が繁忙期になりそうか、色々とデータが得られますしね。

 

とにもかくにも終了です。もう来年まで、やっぱりいいやー。

 

それにこれからGW号に向けての取材シーズンが始まります、その前に色々と片付いて一安心、これから猛然と仕事しまーす♡

 

皆さまも、ハッピー確定申告!

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

「ローレルスタイル」Clean Eatingがコンセプト。美味しく食べて体の中からキレイになれる料理って?【お仕事忘備録】

 

f:id:miaE:20190227134516p:plain

 

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。

 

リニューアルした阪神梅田に入っている「Cosme Kitchen Adaptation」さんをご存知ですか?

 

テレビや雑誌でもすでに多く取り上げられ、美や健康を意識するヘルスコンシャスな人々がこぞって訪れる1軒なのです。

 

Clean Eating(クリーンイーティング)=「おいしく食べて、心も体も美しくなる」をコンセプトに掲げたカフェで、オーガニック野菜やスーパーフードをふんだんに用いたビュッフェが話題です。

 

今回取材をさせてもらう中でも、まだ正午前にも関わらず、営業時間が始まると同時に次々と若い女性中心にお客さんが訪れていました。ランチなのに予約もかなり入っているとか。

意識高い系の人々の多さに圧倒されながらも、好奇心を丸出しに色々お伺いしてきましたよ。

 

オーガニックやスーパーフードなどを、身近に感じるきっかけにもなるかもしれません。

 

読んでもらえると嬉しいです♡

 

www.kintetsu-re.co.jp

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村