フリーライター京*mia【自由スタイル探求帖】

世界放浪からシドニー移住後、京都に惹かれて帰国中。自由なスタイルを探求するライターの徒然帖です。現在の拠点:京都と大阪を行ったり来たり…

知らない話は知らないままに一旦受け入れる『エッセイ』。

f:id:miaE:20180920221000j:plain

 

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。

 

この間ね、

 

セルフの某チェーンコーヒーショップで時間を潰すことがあって。そのお店はリバービューで立地もよく席数も多いため比較的よく利用してるところです。

 

そこでですね、

 

隣に座ったビジネスマン風の男性が、ずっと電話しているんです。

 

まぁ、あんま気にならなかったのですが、ここのお店は席と席の間が非常に狭く、会話はもちろん全て聞こえています。よく通る声で、読んでいた本に集中できないので、適度に聞き流していました。笑。

 

途中でお連れの女性らしき人がコーヒーを買って彼の目の前に座っても、まぁ、ずーーーーっと話続けるわけです。この時点で、彼の人格を疑い始める私。だってー、ジェトルマンじゃないでしょう。笑。

 

で、やっとやっと男性が電話を切って、女性と話し始めました!

 

男性は30代後半から40代前半のビジネスマン風、女性は若く見ても40代半ばの中堅OLな風貌。2人の関係性を思い巡らす、見た目には不思議な組み合わせ。

 

でね、この2人が話し始めたのは、会社の成り立ちというか構成のようなもの。男性が女性の働いている会社の成り立ちや、第三者の役職などについて質問を始めました。

 

でもね、この会話がまーーーったく進まない!笑。

 

どうやらその会社の成り立ちが、彼の理解を越えているらしく「え、どういうこと、俺全然理解できひんねんけど」「え、全く意味わからへん」を連呼する彼。笑。女性が一言発すると、彼が「理解できひん」と止める、を繰り返す。

挙句、「ていうか自分もわかってへんのんちゃうん⁉ 」と相手の女性のせいにし出す始末…。

 

このやり取りを聞きながら露わになったのは、彼の理解力のなさ、だけ。苦笑。

 

なんと生産性のない会話!トホホ

 

思ったんですよ、世の中には自分の理解の及ばないことはたくさんあるのですよ、と。彼は自分の知らないことを、自分の枠に当てはめて理解しようとしていたのです。

 

彼はそのせいで自分の株も、下げている!

 

まぁ、どうやら「俺も経営者やし知ってるけど、そのやり方は知らんな。理解できひん。」らしいのでした。

 

この彼は今までもきっとこんな風に、新しい情報をこじらせて撥ねつけて、その度に自分の枠を広げるチャンスを見逃してきたのだろうなー、と。

 

この生産性のない会話を見届けることなく、私は席を立ったのですが、これには私も身につまされる思いでいっぱいに…!苦笑。

 

ついやっちゃいがちだから、こういうことって日常で(ほら取材とかでも。苦笑)。

 

話を止めない、大らかにまず聞く。

 

「私は知らないので、教えてくださーい」

 

この前提、この姿勢で耳を澄ませるときっと、新しい情報をスポンジのように吸収することができ、自分の枠を広げることに繋がるんだろうな、と。

 

“人の振り見て”ーですね。苦笑。

 

いやー、興味深い気付きをもらいました。

 

Have a great last day of long weekend for all! X

「FANTASTIC MARKET/ファンタステイック マーケット」を満喫しつつ久し振り、八瀬!

f:id:miaE:20180923175211j:plain

 

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。

 

いつも拝読している京都在住フリーライターの方のブログで知り、今日もまだやっている!と意気揚々出掛けて来ました、「FANTASTIC MARKET in えいでん八瀬比叡山口」。

 

マーケットって言葉の響きだけで気分が上がるのは、きっと私だけではないはず♪

シドニーに住んでいた頃は、それこそ毎週どこかしらでマーケットが開催されており、何なら出店していたこともあるくらい。笑。

 

ささ、叡電八瀬比叡山口駅」の構内で開催されているマーケットとのこと、期待に胸膨らませていざ!

 

ちなみに本日23日(日)の出店者さんはこちら。※公式HPより

 

◆22日(土)、23日(日)両日
graf studio kitchen(オリジナルカヌレ、スコーン、ブレンドティー)
・GINGA☆Bakery(揚げないドーナツ「ドーナップ」)
・Alwaan カフェ&ショップ(ベジプレート、オリジナルドリンク、スイーツ)
・SOAPHEADS(体にやさしい石鹸)
カシューナッツ専門店 豆仁(秋限定 紅芋カシューナッツ
・青空亭(縁起物の雑貨、絵本)

 

◆23日(日)のみ
・料理開拓人の広東粥(本格広東風中華粥)
・TE- tea&eating(オリジナルブレンドティー、台湾茶、日本各地のグローサリー)
・蜜香屋(焼き芋)
・nakayama coffee roastery(ホットコーヒー)
・NOTTA CAFFE(蒸し鶏・有機野菜のお弁当。香川県のおいりとバニラアイスがのったクリームソーダ
・西冨屋コロッケ店(揚げたてコロッケ)
・ごはんやハレ(有機野菜や無添加調味料のお弁当)
・松茶商店(客家擂茶)
・木下実験室(できたて生テンペ)
・UNE TABLE(季節の果物や野菜を使ったジンジャーマフィン)

 

だいたいいつも思い立ったら出掛けちゃうので、おひとり様のことがほとんど。苦笑。どのお店もとーっても素敵なのに、全てを胃に収めるのは不可能だー!shooot:/ こういうときパートナーが、欲しいと心底思う。笑。

 

でもまず一日を始めるのに欠かせない、一杯のコーヒーを。

 

お目当ての「nakamura coffee roasting」さんで。

イベントなどで評判になり今や人気は全国区のコーヒー豆焙煎所さん。お店は木津川市にあるそうです。

 

f:id:miaE:20180923175805j:plain

本日のラインナップはこちら

 

豆の種類の説明をしてもらい、中煎りのHONDURAS(ホンジュラス)産、ミゲルさん農園のコーヒーをいただきました。酸味の少なくスキッとした口当たりで飲み易い一杯♡重過ぎもしないため、朝の一杯にぴったりでした!

 

f:id:miaE:20180923175711j:plain

「写真撮らしてくださーい」とお願いして

f:id:miaE:20180923175730j:plain

ホームに留まっている列車に座っていただきます

 

nakayamacoffee.blogspot.com

 

そしてこちらも気になっていた、「GINGA☆Bakery」さんの揚げないドーナツ改め、「ドーナップ」!

 

f:id:miaE:20180923175741j:plain

ずらり並ぶのはベーグルのようなドーナツのような…

 

気になる「ドーナップ」とはドーナッツ(DONUT)とパン(PAIN)を組み合わせた、左京区生まれのおやつだそう。国産小麦と米粉を主原料に、乳製品や卵は使わず、天然酵母でじっくり育てた生地を、揚げずにオーブンで焼き上げられています。

 

午前11頃に到着したため、おそらく全種類が揃っていました!

 

そこで気付けば、

 

f:id:miaE:20180923175718j:plain

 ジャーーーーーン!

 

右から(各200円)、

 

「黒ごま&さつま芋」

「きなこ」

「キャロブ」

 

プラス、全粒粉のライ麦古代小麦のスペルト小麦を使った、「sourdough」350円も。

 

f:id:miaE:20180923182250j:plain

原材料はこんな感じー!

 

にしても、ここまで出どころのしっかりしている素材を使われているなんて、本当に誠意と温かい心を感じます♡

 

もっちりした優しい甘さの「ドーナップ」は、先ほどのコーヒーと一緒にいただきました。遅めのブランチです。

 

ameblo.jp

 

かと思いきや、

 

「木下実験室」さんのテンペも試したくて!笑。

 

f:id:miaE:20180923175753j:plain

コーヒーのお隣さんでした

 

テンペ、というのは大豆が発酵してブロック状に固まった食べ物だそうです。インドネシアでは昔から食べられている発酵食品なのだとか!

 

f:id:miaE:20180923175801j:plain

 「てりやきテンペ丼」650円

 

 自家製テンペのてりやき、野菜のグリルとズッキーニのマリネが土鍋炊きの五分搗きごはんの上に♡

 

テンペ…、なるほどー、初体験!笑。でも納豆好きなので豆の糸引く感じも違和感なく、ご飯も野菜もとーっても美味しかったです!欲を言えばテンペがもう少しぶ厚かったら嬉しいー(枚数減っても)。いや、素人の見解なのでこういう食べ方のものなら、それを受け入れますが!笑。

 

www.instagram.com

 

そんなわけで贅沢なブランチ&ランチをいただきました。

 

八瀬はちなみに、子供の頃にたまに家族で来た記憶が…。比叡山でも行ったんでしょうね、きっと。笑。懐かしいなー!

川のせせらぎに緑の揺れる音、虫の鳴き声などが耳に心地よく、豊かな時間を過ごせました。

 

f:id:miaE:20180923175832j:plain

駅舎も可愛い!

f:id:miaE:20180923175845j:plain

 どのくらいの頻度で走っているか知りませんが、往復この型が来ました!笑

 

今頃、夜の部「NIGHT MARKET」できっと大人な時間が流れているんだろうな…。想いを馳せつつ。

あー、楽しかった、まさにファンタスティックな時間、ありがとう!また次回も来たいです。

 

 

「FANTASTIC MARKET」

公式URL:http://www.graf-d3.com/news/yase/

 

「ローレルスタイル」でボタニカルライフについて取材しました【お仕事忘備録】

f:id:miaE:20180922210013p:plain

 

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。

 

最近よく耳にする“ボタニカルライフ”について、1809(文化6)年創業の「赤松種苗」の姉妹店「Veggie +(ベジープラス)」さんに取材させていただきました。

 

少し歩くだけで汗が噴き出すような猛暑日で、店内の緑が放つ濃厚なマイナスイオンに癒されたのがとても印象的でした。

 

自分の暮らしにも取り入れたいお話を色々聞くことができ、やっぱり人は自然を取り入れた環境の中でこそ、心にもゆとりを持って豊かな暮らしができるんだろうな、と思いました。

 

ハーブ栽培やハーバリウムなど、マンションなど小さなスペースでも始められる、“ボタニカルライフ”を提案していまーす!

 

読んでもらえると嬉しいです♡

 

www.kintetsu-re.co.jp

全ての言い訳を手放すと真実のみが残る『エッセイ』。

f:id:miaE:20180918180433j:plain

 

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。

 

私はメンテナンスのために、月一である鍼灸師さんのところに通っています。今日がその日だったので、今体が巡ってなんとも気持ちがいい状態でこの記事を書いています。

 

彼女が彼女の師匠に言われて印象的だった言葉に、「頭の前で考えない、後ろを使う」というものがあるそうです。つまり、頭の前を使うときは“考えて”いるときで、それはたいてい真実からかけ離れている、という。「後ろ」というのは要は、直感的な感覚のこと。頭を使わず直感を使え、ということだと思います。

 

鍼灸の先生とも話していたのですが、やはり私たちは日頃から真実の周りにさまざまなものをくっつけ過ぎている!と。苦笑。

 

仕方ないのですがね、でも大人になると赤ちゃんのようには生きられない、と思うじゃないですか。でも本当は誰もが、生まれたての赤ちゃんくらいのピュアな感覚や欲求を持っているはずなんです!

 

例えば「AとBどっちがいい?」と質問されたときに、本当は瞬時に答えを知っているんです、心は。でも考えちゃう。(でも待てよ、こっちの方がお得かな)(後のことを考えてこっちにしておいた方がいいかもな)てな具合に、です。

 

そして、“やらない”という選択をする場合もありますね。

それは本当にしたくない魂の欲求ならいいのですが、こちらも同様に(いやでも今の自分の実力ならまだまだ)(今の生活では余裕がないし)などと、あらゆる言い訳でピュアな自分を説得して、“やらない”ことも少なくないと思うんです。

 

常々自分の直感に沿うため、心に耳を傾けている方だと思いますが、でも今日この話を聞けて良かったなと思いました。

彼女はさらに「でも本当にしたいことをしてもいい!と誰もがなったらしてはいけないことが無くなると思う」と、哲学的な締め括りをしてくれました。素敵です♡

 

自分の真実を生きたいじゃないですか、やっぱり。だから、自分の奥深くからふと湧いた答えを知りながら隠さないこと!

 

さすがにね、私たち赤ちゃんじゃないし、大人の良さもあるので。苦笑。今現状で難しいことがあるなら、それを認めつつでも自分にとっての真実を中心に据えて大切にしたいな、と思い改めるのでした。

祇園・花街の町家を改装した1軒は、大人にぴったりの隠れ家風「万治カフェ」。

f:id:miaE:20180916192920j:plain

 

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。

 

万治カフェ/まんじかふぇ

 

お盆頃にプライベートでお邪魔していた、万治カフェさん。花見小路より一本西に入った閑静な界隈に佇む隠れ家的なお店です。

 

調べてみると、文久元年格式のあるお茶屋、「一力亭」より分家し、代々祇園とともに生きていた先代・杉浦万治さんが暮らした京町家をリノベ―ションしたカフェなのだとか。

 

f:id:miaE:20180916194013j:plain

確かに、昔ながらの立派なおうちという門構え

f:id:miaE:20180916194036j:plain

坪庭はこちらを含め2つあります

 

伝統的で古風な店構えに反し、内装は予想を軽々と越えたモダンな造りに。

季節の移ろいを愉しめる坪庭はじめ、和のテイストは細部まで息づいているのですが、北欧風の家具も自然に馴染む現代ぽさを兼ね備えた設えなのです。

 

いただいたのは、

 

f:id:miaE:20180916195454j:plain

「お茶のブラウニー2種」コーヒーセット1404円

f:id:miaE:20180916194109j:plain

「マンダリンショコラ」コーヒーセット

 

ブラウニーは一口サイズを、抹茶とほうじ茶の2種の味で楽しめたのが嬉しいポイント!ゴロっと盛り付けられたナッツやフルーツと一緒にいただきます♡

マンダリンショコラの方は、オレンジにベリーという爽やかな酸味のアクセントが効いた上品な一品です。どちらもハンドドリップで丁寧に淹れられた1杯をお供に。

 

すでに話題になっているオリジナルクッキーアソートの「祇園クッキー 万じセレクション」や、コーヒーや器類にも並々ならぬこだわりがあるようでした。

 

2017年の秋にオープンしたばかりだそうなので、これからもとっても楽しみなカフェです!

 

Add:京都市東山区祇園町南側 570-118

Open:11:00 〜 19:00

Close:水曜日

manjicafe-gion.jp

“自分らしさ”に惑わされなくていい『エッセイ』。

f:id:miaE:20180915212946j:plain

 

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。
 
最近よく耳にします。
 
「自分らしく生きよう!」「自分らしさ全開で生きるほど開ける」とか…。
 
私は正直、自分らしさをイマイチ掴み切れていません。笑。
自分のコアの部分(軸)は、ぶれることはめったにありませんが、かといってじゃあ、私らしさを一言で、などと言われても困ってしまう。
 
というのも、“自分らしさ”というのはコロコロ変わるから、です!
 
例えばバックパックひとつで世界を放浪していたとき、優先順位の上位はいつも身軽であることとタフさ、でした。
旅での移動記録は、最長72時間。睡眠時間は寝られるときで毎日違ったりするし、移動時の食べ物は軽くてかさ張らないウエハースやビスケット。それでもいつも辿り着く先々では、心が焼けるような瞬間や景色に出会ったりして、ハードな旅路の全てがチャラになる、そんな日々でした。
 
そんな旅人の私は、とっても私らしかった。
 
かと思えば、パーティーばかりしていた時期は 水曜日くらいからもう頭の中は、クラブミュージックが流れ始め、週末にかけて盛り上がりを見せる。お酒を飲むので、食も細く、食生活はボロボロでした。日本でも海外でもとにかく飲んで踊るのが大好きで、人を巻き込んで全力で遊ぶ日々でした。
 
そんなパーティーガールの私は、とっても私らしかった。
 
かと思えば自分のキャリアを確立したく、やっと叶えたかったフリーランスのライターになりました。作業は家でひとりで黙々とこなす、ある意味孤独な仕事だと思う。でもパソコンに向き合い、言葉と戯れる時間は私を丸ごと癒してくれます。
 
そんなフリーランスな私は、とっても私らしい。
 
そして今、自然に沿った生き方に興味を持ち始めています。特に自然の恵みを体内に取り込む、“食”について大変興味があります。できるだけ旬のもので、近郊で採れたもので、生産者の顔が見えるものを、時間を掛けて選びます。調味料は伝統製法にこだわり、既製品はパッケージを裏返して読んでしまう始末。面倒くさい、そんな人にはならないだろう、と思った自分に今なっています。笑。
丁寧に、心地よく、生きたい。体も心も健やかにいたい。
 
そんな自然志向な私は、でもとっても私らしい。
 
私ひとりを例に出してみても、こんなに変化があったとは!ということに気付いて愕然としました。旅人時代の自分から、ましてやパーティー時代の私から今の私を見たら、それはもう別人かと思うような変貌っぷりで。
 
でもどの全ても、その渦中にあるときはとーっても自分らしかったと思えます。
 
ひとつだけ言えることは、その瞬間瞬間の100%に想いを注いできた、ということ。
 
それが旅であっても、パーティーであっても、はたまた恋愛であっても、家族であっても…。
とにかく自分の目の前にある対象が、今あなたの選ぶ生きたい自分、なのだと思います。それを全力で生きたとき、あなたらしさが全開になり、やり遂げるときっと次の対象が表れる、そんな気がしています。
 
だから「自分らしく生きなきゃ」とか、気負わなくていいんだな、てことです。
 
せっかくなら、無限の可能性と共にいくつもの“自分らしさ”を生きたいし、ひとつに限定するなんてもったいなーい!そう思った私の心のつぶやき、でした。

「PrettyOnline」でお店の選定から撮影までを担当!【お仕事忘備録】

f:id:miaE:20180915092717p:plain

本場ウルグアイの味を大阪へ!「River Cafe-リーベルカフェ-」さんより

 

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。

 

最近大阪での取材仕事も徐々に増えつつあります。

ご依頼いただいている「PrettyOnline」さん。

 

「Pretty」というフリーマガジンをご存知でしょうか、大阪地下鉄の主要駅にラックが設置されている、20~30代の女性をターゲットにした媒体のweb版です。

 

「関西の女性の毎日をハッピーに彩る」をコンセプトに関西の旬情報をお届けしています。「編集部厳選!関西トレンド」のグルメを「榎田京」の名で執筆しています。

 

いくつか挙げておきます。

 

www.pretty-online.jp

www.pretty-online.jp

www.pretty-online.jp

www.pretty-online.jp

 

このお仕事の面白くも大変なところは、お店の選定から写真の撮影まで任せてもらっていること!

 

何を隠そう、この手のお仕事ははじめてなので、取材しながらも写真を撮りながらって、全神経を張り巡らせているわけでその場の大変さは、あります。笑。いつもは取材に集中していればいいので、そのギャップはありますがただ、素敵に仕上がったときの喜びはひとしおです!!

 

もちろん自分なりの反省点はありますが、日々精進!細かい微調整と成長を繰り返しながら、納得のゆくページ作りをしていきたいと思います。

 

何より個人的に素敵と思えるお店さんで、取材ができるのは楽しみのひとつでもあります♡記事は随時アップされていきます。今も何軒か進行中でーす!

 

大阪で取材を受けたいお店さん、ぜひお気軽にお声がけください!仕上がりは一例を見ていただければ大体イメージいただけると思います。

 

Have a lovely long-weekend for all! X