フリーライター京*mia【自由スタイル探求帖】

世界放浪からシドニー移住後、京都に惹かれて帰国中。もっと自由に、自然に生きたい♡ 探求ライターの徒然帖です。現在の拠点:京都と大阪を行ったり来たり…

「PrettyOnline」ずっと気になっていた♡『天然食堂 かふぅ』で、身も心も元気になれる養生ご飯【お仕事忘備録】

f:id:miaE:20190118140854j:plain


Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。

 

「Pretty Online」さんのお仕事では、お店の選定もさせてもらえます。最近はもっぱら自然派や薬膳などをコンセプトに持つお店さんが多く、こだわりのお店を取材させてもらえるのはやっぱ、役得だなぁと感謝しております。

 

さて、尊敬する人のブログで読んだり、口コミで聞いて気になってはいたものの、残念ながら生活圏内からあまりに離れているため機会がなかったこちら。

天然食堂 かふぅ』さんへ、やっとやっと訪れることができましたー♡

 

薬膳やマクロビなどの考え方を踏襲したお料理の数々で、食生活のバランスが乱れたときに訪れたくなるのはもちろん、自称「健康マニア」だという美人オーナーの村本さんとお話できたのもとても有意義な時間でした。

 

詳細は記事をご覧くださいね。

 

www.pretty-online.jp

 

※こちらの媒体ではお店の選定から、写真撮影まで担当しています。

※大阪で記事に取り上げて欲しい店舗さんがいらっしゃいましたら、ご一報ください。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

奇跡はいつだって、次の瞬間に起きる可能性を秘めている『エッセイ』。

f:id:miaE:20190117011703j:plain

 

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。

 

思い出すたびに気分が上がること、最近はこれです。

 

それは、「奇跡はいつだって、次の瞬間に起きる可能性を秘めている」ということ。

 

渦中にいるときはまさか今自分が、止む直前の大雨の下にいることや、その後に見たこともないほど大きなダブルの虹を見る可能性すら知りません。そして、それは大きな希望なんだなぁ、とつくづく思うのです。

 

忍耐強く待ち続けているその瞬間が、まだ訪れないことに失望し、心が折れそうでも。今までコツコツと日々蒔き続けてきた種が、一斉に芽吹く瞬間の奇跡は、その次の瞬間、もしくは明日訪れるかもしれないんです!

いつだって、奇跡の直前は、とても静かだから。その瞬間が訪れるまで、そうなるとは微塵も思わないこともある。でも、そんなミラクルな瞬間は、今までの人生に何度だってやってきた!それを今、幾度となく思い出しています。

 

そしてそのことで気分が上がるとき、そのポジティブなエネルギーはきっと、目に見える世界にも反映されるはずだから。だって私たちは、それぞれの心の中がそのまま反映した世界に生きている、それだけなのだからと。

 

待ち続ける日々は辛い。だからこそ、まだ来ないことに失望して下を向くより、明日かもしれない!と気持ちを高めておく方が、より明るい現実を創り出すのはうんと明確。

 

例えそれが、文字通り「明日」じゃなくても、その次の瞬間への希望をいつも明るい気持ちで持ち続けていたいと思うのです。

 

だって、奇跡が起きるのはいつも、一瞬だから!

 

大逆転の瞬間の奇跡を心底信じられたら、今目の前にあることに心を砕き、気持ちを込める。その種がいつか芽を吹き、咲き乱れる瞬間に胸を躍らせつつ♡

やるべきことは、それだけな気がしてきます。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

「オーガニック料理ソムリエ」を取りました!自然派ライターというポジションを目指して。

f:id:miaE:20190116205656j:plain

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。

 

mia555.hatenablog.com

 

「食学検定」に続き、「オーガニック料理ソムリエ」を取得しました!

 

私の場合、料理のプロになるためのステップではなくて、「自然に沿った暮らしとマインド」を発信し続ける自然派ライターとして稼働するために、取りました。

 

私たち人間という存在が、結局やっぱり自然の一部だということ。そして私たちが頭で考えるよりずっと緻密な身体、その行い1mmの狂いもない正しさに気付いては感動し、好奇心がむくむくと湧いてきます。

 

ただ前にも書きましたが、あまりストイックに自給自足ライフをやる、という域には興味がありません。

イメージではどうしても、ぼさっとした髪の毛でも気にしない、コットン100%の服しか着ない、口にするもの肌を纏うもの全てお手製、みたいな感じ?存在感が薄く、力が漲っていない仙人のように成りかけているような…!かと思えばモデルさんみたいに綺麗で瑞々しい人が、オーガニックを謳っていたりもする。

仙人みたいな人も、モデルさんみたいな人も、結局は自分の軸に沿ったオーガニックを体現しているだけなのだな、ということが非常に興味深い。

 

だから私も、私らしい「自然派な暮らし」を探求するしかない、のだなと。

 

私はやはり文化や都会の恩恵も受けながら、ただ軽やかに不自然じゃなく、生きたい。笑。ちゃんとお洒落もしたい、たまには手抜きしご飯も食べたい、友達や恋人とジャンクフードも楽しむことも許したい。

 

言葉にすると私の理想は、

 

ストレスを受けたら流せる術を身に付け、どこか不調が出たら断食や瞑想でちゃちゃっと整え、自分の目と舌で選んでそのとき身体が求めるものを嗅ぎ分け、多少の悪いものを食べてもちゃんと出せる、タフな身体。

 

私の想う、健康って、こういう感じです。

 

バランス、なんでしょうね、つまるところ。

 

そのためにはやはり「食学検定」のときにも書いた通り、自分で見極める目を磨くこと、が軸になると思います。

 

今回の「オーガニック料理ソムリエ」も、かなり近しい内容をまた勉強しましたし、本物(ここではナチュラル栽培)の野菜なんかの特徴や、後は世界のオーガニック情勢なんかも非常に興味深く学びました。

 

このような意識が、日本人にあまりに浸透していないことに驚き、またドイツはじめヨーロッパのオーガニックへの意識の高さに感銘を受けましたね。

 

でももう本当に自分に大切なものは、自分で選び分けることが大切な時代になってきていると思うんです。世界中どこにいても。

 

JAS」認定があるから100%安泰、じゃありません。「JAS」だからといって添加物ゼロではないし、かといって「JAS」表記はなくても添加物を加えず自然に限りなく近い製法で作る生産者さんもいます。

表記方法などのあらゆるトリックを潜り抜け、ギリギリのところで攻めて来る大手食料会社などもあるでしょう。国によってもオーガニックへの取り組みが違ったりもします。

 

全てのことをいちいち気にしていたら果てしない感じがするので、そのために自分の軸や審美眼を磨いておきたい、と講習を受けてまた強く思うのでした。

 

今後は「オーガニック料理ソムリエ」と名乗れるので、新たな自分の肩書ができた気分です♡

 

f:id:miaE:20190116203129j:plain

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

【レモネード断食】初めての断食を終えての感想、どんな効果があったかというと…!

f:id:miaE:20190116100111j:plain

 

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。

 

人生初の【レモネード断食】に挑戦した3日間。

 

mia555.hatenablog.com

mia555.hatenablog.com

 

準備期間に始まり、自分の身体が軽くなり研ぎ澄まされていくような感覚は、非常に興味深く達成感たっぷりの断食体験になりました!

 

率直な感想から言うと、

 

◆もっと続けられる

◆またチャレンジしたい

◆というか習慣にしたい→する!

 

です!笑。

 

コーヒー愛飲家のため、最初のカフェインレス生活はほんとうにきつかったです。珍しく頭痛がしたり、空腹感も加わるとただただぼーっとして集中力が散漫になる、だるくなるなどがありました。

 

でもカフェインが体から抜ける頃、頭がシャキーーーンとクリアになり、空腹感も無駄に感じなくなりました。少しお腹が鳴っても、15分もすれば収まります。断食初日以外は、本当にすっきりとした気分と頭で過ごすことができました。

 

ハッキリ言って、クセになりそう!

 

断食後はせっかくクリーンになった体内に、何を取り込むかはやっぱり大切みたい。

実は復食期終了後に、取材でクリーム系のケーキを食べた数時間後、お腹を壊しました。わかりやすい…!ちなみに、そのケーキは美味しかったです♡笑。ただ、クリーンな体には刺激物なのだと思いました。

 

さて、目に見える効果と言えば、

 

◆顔周りがスッキリ

◆お腹がぺったんこ

◆肌の透明感が増す

◆ただ好転反応か吹き出物ができる

 

ダイエット目的ではないため、before/afterで体重は計らず。でも明らかにまずお腹がぺたんこに!

ここ一年ほど、1日2食生活をしていたのでそこまで食べている認識はありませんでしたが(でもおやつ食べてるか)、それでも骨盤が掴みやすくなった体を触りながら、私まだこんなに身体に溜め込んでいたのね!と驚きました。

 

それに伴い、顔周りもスッキリ。どうしても冬には丸くなる私の顔と体ですが、真冬にも関わらず、フェイスラインがしゅっとして嬉しい!

 

そしてやはりレモネード断食ということで、新鮮なレモンを毎日摂り続けたことも良かったのか、肌の透明感が増しました!断食中は多少げっそりするかと思いきや、鏡を見るのが楽しみになるほどツヤツヤで顔色も良好♡

ただ、同時に断食の好転反応として毒素の排出を体がせっせと行ってくれたためか、排泄器官でもある顔の皮膚からも何かが出されたようで、吹き出物がぽつぽつと。

 

そんな感じが、断食のわかりやすい効果です。

 

また、断食をしたことで1食1食をより美味しく、充実させたい欲が強まったこと。

そして、断食中のごみ捨てがあまりに軽かったことでいかに日々、たくさんのごみを出しているかに気が付きました。

 

でもま、これで終了!ではなくて。これをきっかけに、本当に習慣化したいと思っています。

ただ今はグルメ中心のライターという職業上、今回のようなトータル1週間は仕事に差し支えるため、断食2日、前後合わせて5日で2か月に1度くらいでできたらなー、と。

 

これからも美味しく食べ続けるために、断食でリセットを習慣化する。

 

新しい自分を支える知恵がついて、私は嬉しいよー!友よ、教えてくれてほんまにありがとうね♡

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

【レモネード断食】空っぽの身体、大切な復食期に何を摂り込もう⁉

f:id:miaE:20190114211447j:plain

 

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。

 

mia555.hatenablog.com

こちらの記事の後半、いよいよ【復食期】のレポートです!

実は本日、リアルタイムで復食期を終え、今日から(一応)通常モードになりました。

 

原則として、復食期は断食と同日数するのがいいそうです。

3日間断食の私には、3日間の復食期を設けました。この3日間で、毒素の抜けきった(であろう)空っぽの身体、すっかり休んでいた細胞たちをまた目覚めさせるべく、通常の食生活に戻していきます。

 

ただ、少しずーつ慣らしていくこと!

 

急に通常食に戻すと身体は驚き、混乱します。また断食したからといって、直後に無頓着に少しでも身体に害のあるものを食べたりすると、それはそのまま身体に取り込まれ吸収され、せっかくの断食が台無しに…。

実際、断食道場などで断食した後に、コンビニスイーツやラーメンなどを食べて、とんでもない腹痛に襲われ救急搬送された人の話や、吐き続けたという人の話も聞いたことがあります。身体が異常反応している証ですね。

 

だからこそ、復食期に食べるものが大切なのです。さてでは、何を食べるといいのでしょうか。

 

私が教えてもらったものは、

【復食期】

断食終了翌日は、新鮮で無農薬のオレンジを絞ってオレンジジュースを作り、それをちびちびと飲みます。これはレモネードに慣れ切った体を、通常の食事に戻す架け橋のようなものだそう。

終了後2日目からは、夜に野菜スープ(玄米を入れても◎)を食べてもOK。

 

というものでした。

 

が!

 

私は初日から夜に(玄米なしの)野菜スープを飲み、最終日の昼には蕎麦、夜にはうどん(小麦粉だけど!)など消化の良いとされるものを自分流にアレンジし、何よりよくよく噛んでいただきました。

 

【復食期1日目】

昼:オレンジジュース

夜:野菜スープ(野菜も食べました)、

  2杯目は味噌を溶いて野菜みそ汁に

 

【復食期2日目】

昼:オレンジジュース

夜:野菜スープに黒玄米と押し麦のおかゆを混ぜたもの、梅干し

 

【復食期3日目】

昼:納豆蕎麦、野菜スープ

おやつ:「実身美」さんの米粉抹茶シフォン、たんぽぽコーヒー

夜:野菜スープに黒玄米と押し麦のおかゆを混ぜたもの、梅干し、納豆うどん

 

3日目、少し食べ過ぎですね。苦笑。ただ、「苦しい!食べ過ぎた」という感覚には至らず。消化の良いものをよく噛んで食べたので、身体が重いという状態にもなりませんでした。

 

f:id:miaE:20190115130649j:plain

野菜スープに黒玄米と押し麦のおかゆを混ぜたもの

f:id:miaE:20190115130656j:plain

「実身美」さんの米粉抹茶シフォン、たんぽぽコーヒー

 

つい気分で、断食明けにおやつまで…♡

 

やはり「実身美」さん、断食明けの身体にもチョイスが色々とありましたよ。他にも雑穀ぜんざいのようなものまで。

 

全体的に特に気にしたのは、調味料はじめ素材そのものです。

 

断食用のレモンも、そして復食期のオレンジも無農薬・無化学肥料で丁寧に作られたものを取り寄せました。野菜は間に合いませんでしたが、なるべく「地産地消」、近郊の農家さんで作られた元気そうなものを選ぶなど、できる範囲で工夫しました。

 

調味料については、下記のブログに書いた通り今回日本に戻ってから全替えしていますので、そのままで使用。

mia555.hatenablog.com

 

 断食3日間が終了し、新鮮で瑞々しいオレンジジュースを口に含んだ瞬間の感動!そしてその甘酸っぱい自然の恵みが体の中、隅々まで染みわたっていく至福のひとときと言ったら…♡

 

そして断食明けに少しずつ取り込んでいる栄養分が、また身体を循環させたり、血となり肉となり…、細胞そして身体を作ってくれるのだと思うとより口に入れるものに感謝の気持ちでいっぱいに!

 

また断食後は少しずつ慣らしていったためか、飢餓状態→開放感、のような快感(少し期待していました)は全くなく、むしろそれをすると身体にダメージが⁉

断食による禁断症状が出ていたのは、準備日と初日くらいのものなので、空腹感や飢餓状態は遥か昔に感じるほど。

 

とにかく無事に、初チャレンジである断食をやり切れたのが、嬉しいー!

 

次は、この断食の感想、気付きをご報告します^^

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

viva天パ!コンプレックスと向き合って生きていくことにした。

f:id:miaE:20190113140948j:plain

 

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。

 

生まれたときから、天パでした。

 

それも外国人のような綺麗なカール、ではなく、リアルに「え、どこの毛?」みたいなのが頭に映えている!という残念な状態でした。ぜんっぜん一緒の方向を向いてくれない、私の髪ってばどんだけ自由やねん、とどれほど泣かされたか…。

 

転校生だった小学校時代、同級生が第一声こう言いました。「パーマは校則違反やねんで」

そんなにか、と思いました。そんなに、クルクルか、と。笑。でもまぁ、パーマに間違えられるくらいなら、悪くないと思っていました。

 

さらに悪化したのは中学時代。恐らく生理が始まったり、女性ホルモンとの関係や同級生と寄り道や外食したりする機会が増え、ジャンクフードなどを多く食べていたため、というのもあるかもしれませんね。

 

それでも年頃の女の子、前髪を必死でブローしたり、三つ編みにしたり、小さい三つ編みを作って寝て貧乏パーマにしたりととにかく工夫に次ぐ工夫の日々。

そんなある日、クラスの美女が言いました「あなたって、髪の毛がストレートならもっと可愛いくなると思う!」

 

悪気は微塵も感じず、純粋に思って発した彼女の言葉でした。それを私がどう受け取ったかは記憶になく、ただその言葉だけを鮮烈に覚えているのです。

 

そこから私の、ストパー/縮毛矯正ライフは始まります。

 

家に帰って母に頼んで近所の美容院へ連れて行ってもらいました。信じられないかもしれませんが、まだストパーが液を付けた髪の毛を板のようなもので伸ばすような時代です。笑。

今でいう「縮毛矯正」ではなく、あくまで「ストレートパーマ」。もちろん私の自由かつ強情っぱりな天パがそんな生易しい手立てに叶うはずもなく。

当時にしては高額だった料金を払ってもらった割りに、感想は「ふーん」という感じで…。翌日からも確か、ポニーテールにして通学していた、ような。すいません、ずいぶんあやふやな記憶で。

 

そうこうしている間に「縮毛矯正」が、日本でも主流になりはじめ、こちらは私の髪の毛にも効果テキメン!明らかに縮毛したのがバレるほど、シャキーンとストレートになりますが、それでもよかったのです、当時はね。

 

サラサラな髪は結果、見た目以上に「楽」でした!

 

これは嬉しかった、本当に起きて手櫛でちょちょっと整えるだけで見栄えがする。今までではありえないことでしたから。生まれつきまっすぐな髪の人は、こんなに快適なのか!と心底感動しました。

 

そこからはもう15年以上に渡る、「縮毛矯正」たまに飽きたら「デジタルパーマ」の繰り返しの生活。

世界一周中も数か月に一度は手入れが必要になり、各地で日本人美容師さんのいる美容室を探したりしていました。

 

なのに、

 

そんな私が数年前に何かがプツンと切れたように、「もういいや」となったのです。

 

ちょうどその頃「くせ毛カット」を得意とする美容師さん、というのがにわかに流行していたのもあり、そういう手もあるのか、と思い至ったのです。

 

「天パを生かす」、だなんて!!!

 

でも通っていた美容師さんに「地毛を生かしたカットにしてください!」と言うも、「いやー、あなたの髪は難しいと思うよ。ストパでなるべく自然に見えるように…」とやんわりと断られる始末。

 

いや、それでは根本的解決に、なっていないんですよ。

 

私は、強烈な化学薬品を髪に塗り続けることも、自然な毛の流れやクセを無理矢理まっすぐに伸ばして結合し直すことも、全てが不自然だと感じ始めていたのだと思います。

そしてこの頃は奇しくも食べ物やライフスタイルも含め、「自然に沿った生き方」を意識し始める直前でした。

 

とにかく一旦クルクルのパーマをかけ(その方が生えてくる髪の毛に馴染むから)、良い美容師さんに巡り合えるまで美容院通いを、止めました。

 

そして2年近く経ち、先日「くせ毛を生かす」ことをすんなりとOKしてくれた美容師さんに出会ったのです。

 

そんなこんなで、まだ下の方にはクルクルパーマが残っていますが、かなり地毛!自分の髪、と言える状態になりましたー♡

 

とはいえ、扱い辛さは変わらず。なのでたいていアップですが、時間が少しあれば写真のようにダウンスタイルにすることも。地毛でダウンスタイルにするのは、それこそ中学生以来、かもしれません!嬉しい!

 

やはり胡麻化したり無理したり、はいつか限界が来るのだということ。

それはもちろん髪の毛のことだけではなくて。やはり自然界に存在する私たちは、すでに持っているものや存在するもの中で生きていくのが、一番しっくり来るように思います。

 

そしてこの一連の流れを、くせ毛の遺伝子をくれた張本人である母に話していたら、「あんたは考え過ぎよ。お母さんなんてもっと…」と張り合ってきたので、会話は終了しました。笑。単純に、だから今いい感じで嬉しい、と言いたかったのですが、「そもそもなぜそんなに気にする」と突っ込まれるという…。チッ 苦笑。

 

確かにコンプレックスというのは実際、その人にしかわかり得ないから比べようがないものです。だからこそ、向き合うのも乗り越えるのも、さらには手放すのも自分しかいないんだなと。

 

そしてそれがなぜコンプレックスなのか、という理由を掘り下げると、何に対してそれほど一生懸命闘っているのかが見えて来るかもしれません。

私の場合、確かに女性としての見た目というのはありましたが、後は煩わしさ、だったのだと思います。特に長く旅をする人生でしたので定期的に調整が必要な天パは本当に手を焼きました。

「髪さえまっすぐなら」という思いが、様々なシーンでコンプレックスとなって私を苦しめたのでしょうね、きっと。

 

どんな小さなコンプレックスだって馬鹿にできません、だってその中の歩みで見えてくるものがきっとあると思うからです。

 

こんな風に、ひとつずつを自然に沿わしていく生き方は、とても心地いい。一枚ずつ纏っていた不要なベールを脱いでいくような快感もあります。

 

皆さんは何かコンプレックスがありますか、なぜそれはコンプレックスで、そしてそこから脱するために何かしていますか。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

【レモネード断食】3日間続けて、私の身体に何が起きたかをレポートします。

f:id:miaE:20190111200717j:plain

レモネード断食のために購入した、無農薬レモンの薫りに癒される

 

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。

 

mia555.hatenablog.com

こちらの記事の続きです。

 

断食を初めて無事、4日目の朝を迎えました。

3日間のレモネード断食、終了のゴングが鳴りましたー!

 

カンカンカンカン!!!

や、やってやった、ぜ…。

 

さーて、ではこの3日間、私に何が起こったかのご報告です。

 

 

【1日目】

・頭痛

・空腹感

・ぼーっとしている

・だるい

・いつもの道のりが歩けず電車に乗る

・身体の全てが膜に覆われているよう

・仕事どころではない

 

私の場合、準備日の前日からカフェインを抜いているためか、もう前日から頭痛が始まっていました…。つまりこれは、中毒症状から抜けようとする好転反応のようなものかも。普段頭痛持ちではないので、これだけでもだるい。

そしてもちろん空腹感。それを紛らわそうと、映画(「こんな夜更けにバナナかよ」←素晴らしかった!)を見に行くも、いつも歩ける道のりをたまらず電車に乗る。道のりが途方もなく遠く見えました…。そして、頭、身体、マインド、全てが膜を通して感じる/見るような感覚、鈍っているような。

夜は力尽きて、8時頃就寝。

 

【2日目】

・目覚めは腰が重い

・午後から頭が目覚める

・仕事も少しできた

 

腰が鉛のように重くて、起きるのに一苦労。かと思えば、一旦起きるとそうでもなく、空腹感もほぼない状態に。午前中はそれでも眠くぼーっとしていたのですが、午後くらいから頭がクリアに!この頃から頭痛が抜けた感じに。

この日は仕事もし、youtubeで映画なども見て深夜0時就寝。

 

【3日目】

・目覚めスッキリ!

・2駅離れた図書館まで歩く

・やる気もりもり!

・仕事も少しできた

・ただ食べ物に憧れが募る

 

目覚めがスッキリ!これは嬉しくて、自分が断食中であることすら忘れかけました。頭がクリアで仕事も進んでモチベーションもアップ!2駅離れた図書館まで歩いて、本を借りに行く。初日のようなだるさはなく、すたすた軽やかに歩けました。

 

夜はゴロゴロとお腹がなるような空腹感はないものの、食べ物への憧れは募る一方。

twitterでたまたまRTされていた、韓国人大食いNADOちゃんの動画を見てしまい、ハマる。サックサクのチーズドッグやポークのレタス包み、ヌードルなどをこれ以上なく上品かつキュートに馬鹿食いするNADOちゃん、罪な人…。でも可愛いから許す♡

さらにインスタで美味しそうな食べ物の写真をイイネしまくった後、深夜0時に就寝。

 

はい、そんな感じで4日目に突入です。

 

今日から復食期、ということで朝起きてから久し振りにレモネードとハーブティー、塩水、黒糖以外のものを口にしました!

 

それは、手で絞ったオレンジジュースです。

それをちびちびとありがたく飲みながら今これを書いています。

 

これからまた通常食に戻して行く過程がありますので、そちらもまたご報告しますね。

 

では、もう土曜日ですね、「吉本新喜劇」見なきゃ。笑。そして夜には「すべらない話」もある。

まるで断食を達成した私へのご褒美かなんかですか、これは。幸せ過ぎる♡

 

Happy 3days holiday for everyone!!X

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村