フリーライター京*mia【自然スタイル探求帖】

世界放浪からシドニー移住後、京都に惹かれて帰国中。もっと自然に、枠を外して自由に生きたい♡ 探求ライターの徒然帖です。現在の拠点:京都と大阪を行ったり来たり…

些細なこと

秋のはじまりに、甘く華やかな香りを追いかけて【エッセイ】

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。 春の桜といえば、よく並べられるのは、秋の紅葉。 でも花で例えるなら、間違いなく「秋の金木犀」だろうと思います。 夏が終わる寂しさに包まれながら、でも微かにワクワクとしていられるのは、金木犀…

【ニューヨーク/ソーホー】最初の滞在先「ソーホー」界隈を歩いて思うこと徒然

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。 引き続き、ニューヨークの忘備録です。 2003年に訪れた前回とは、随分違う印象を受けた今回のニューヨーク。 以前は、最新アートの発信地かつ活気のあるLGBT街として知られているチェルシーに滞在し、…

日本のだらしない酔っぱらい方は、日本でしか通用しないと思った話【エッセイ】

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。 美味しい天婦羅を頬張り、白ワインをちびちびと飲んで、元同僚と同業の話に花が咲き、これ以上ないくらいご機嫌に岐路に着いた直後。 幸せの余韻に浸って電車に乗っていると、終電近い時間の電車には…

【2019年初詣・第二弾】父娘でゆく!道中も楽しい山の上の『石清水八幡宮』

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。 mia555.hatenablog.com こちらの記事で書いた通り、子供の頃から我が家の初詣は「はちまんさん」でした。 今は家族がばらばらになっているので、最近は私が日本にいるときだけ父と娘で参っています。 …

日本人が嬉しそうにしている姿にほっとする、平日の深夜近く【エッセイ】

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。 日本人って、堅苦しくて生真面目で湿気が多い、印象。 特にオーストラリアに住んでいたときは、一時帰国をするたびにそれを思い知らされていました。 今はもうだいぶ慣れて、そりゃあ毎日、満員電車に…

『石清水八幡宮』、通称「はちまんさん」に見守られて育ったこととか【エッセイ】

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。 『石清水八幡宮』、たっぷりと親しみを込めて「やわたのはちまんさん」 と呼ばれる神社が、私が子供の頃から毎年初詣に通う、「通い付けの神社」です。 仕事人間の父が、比較的家から近く自然に囲まれ…

京都には鴨川がある、その贅沢な日常【エッセイ】

「鴨川/賀茂川」が日常にある暮らしに、心から憧れます。 朝昼晩、とその間の時間。 春夏秋冬、とその間の季節。 人々の日常に寄り添って、ただそこにある。自然の営みに任せて、朝陽や夕陽に染まってみたり、快晴の日は真っ青に見え、また夜の暗闇を映しこ…

「日曜の夜はたこ焼きにしよう」【エッセイ】

ちょっと昔、一回りほど年下のフランス人と、恋愛していたことがあります。 シドニーで出会い、一旦離れて遠距離をした後、日本でちょっと一緒にいただけの関係です。付き合う、ほど確実なものはなく、でも一晩で終わるほど簡単なものでもなかった。 そもそ…

世界で一番美しい場所【エッセイ】

4年以上の歳月を掛けて、地球をぷらぷらと歩いてきました。 ここではないどこかに、見たこともない、圧倒的な美しさや壮大さを求めて。外へ外へと向けた視点や意識、ただただ外へ。これほど広い世界に生まれたんだから、見なきゃ損、経験できること、全てし…

それでもスタバに足を運ぶ理由【エッセイ】

カフェ文化の盛んなオーストラリアで、4年近くバリスタ※を生業としていました。コーヒー豆を日本に輸出するボスのお手伝いをしていた時期もあります。 コーヒーやカフェ、と名の付くもの全てに、並々ならぬロマンや愛情を感じます。 ※エスプレッソマシンを使…