フリーライター京*mia【自由スタイル探求帖】

世界放浪からシドニー移住後、京都に惹かれて帰国中。自由なスタイルを探求するライターの徒然帖です。現在の拠点:京都

頼みやすいライターでいたい私、目指すべき方向。

Hello all! シドニー在住のフリーランスライター、miaです。

 

フリーランスであれ、お勤めライターであれ、私がライター業をするにあたって特に意識していることは、“頼みやすいライターであること”です。それは仕事の依頼だけではありません、取材日の調整、修正/リライト、特急仕上げ原稿の対応ももちろんですよ!

 

f:id:miaE:20171024122930j:plain

 

たまに聞くんですよね、ちょっと芸術肌なライターさん。表現のひとつひとつにこだわりがあり過ぎるため、依頼した側も修正を頼み難く頼んでも、こだわり論で制されるという話。結果、クライアントも納得いかないまま、その広告は世に出てしまうことがあります。

 

ライターは、作家ではありません。

 

あらゆる種類の媒体や、ニーズがあることを前提で話を続けますが、やはりライターは作家ではないのです。私にとって、ライターというのは情報をわかりやすく、それを必要としているターゲットに届け、気付きや発見をもたらすこと。広告のライターであるなら、行動に起こしてもらうことがゴールですよね。その商品を購入してもらう、その場所に足を運んでもらう、そのサービスを受けてもらうこと。

 

表現というのは本当に最終の部分で、ライターの要の部分はまず商品やマーケットリサーチ、関係者へのヒアリングからの掘り下げ、伝えるべき情報を見つけること。そして、それを伝えるべき相手に伝わるように伝えること。多少、くどいですかね。でもそれくらいライターにとって、その部分は大切だと考えています。

 

客観的にどのように受け取れる可能性があるのか、そういった一歩引いた視点 / チェックはありがたいものです。多少耳が痛い意見でも、耳を傾けるようにしています。こちらに聞く姿勢があれば、きっと頼むほうも頼みやすく、「また次回も!」となるのが人の情というものではないでしょうか。

 

さらにフリーランスとして、この先も生き延びたいならなおのこと、クライアントや担当者にとって、頼みやすいライターでありたいと私は思います。

 

つまりは声を掛けやすい人柄であること、小さな修正は臨機応変にサクッと仕上げること、もし大幅修正が来ても(それがないようになるべく前もってすり合わせはしますが)、まず一旦相手の言葉に耳を傾けること、その上で方向性を再度クリアにすること。

そういう積み重ねは結果、信頼に繋がると信じています。フリーランスほど後ろ盾のない存在にとって、信頼がいかに大切かということですね。

 

ま、おかげさまで特急仕上げの、臨時原稿などもつい受けてしまいがちな私。笑。 そんな感じでたまに自分の首を絞めつつも、「miaに頼んで良かった!」と喜んでもらえる頼みやすいライターを目指して邁進しますよー!