フリーライター京*mia【自由スタイル探求帖】

世界放浪からシドニー移住後、京都に惹かれて帰国中。自由なスタイルを探求するライターの徒然帖です。現在の拠点:京都と大阪を行ったり来たり…

みかん屋さんと郷愁『エッセイ』。

f:id:miaE:20180305174756j:plain

 

テクノロジーばかりが発展している時代に、人と人との関わりに、なんと癒されるのだろうと思うことがたびたび、あります。

 

こないだも、最寄り駅から家まで歩いて帰っているときに、一軒家のガレージを改装して直送フルーツを売っているお店がありました。まずそれだけで、ザ・昭和!私の幼少期の頃にはもっとあったよなーという、激しい懐かしさに包まれました。

現代では利便性やテクノロジーが生活全体を網羅し過ぎて、こんなアナログで効率の悪そうな商売は、なかなか成り立たないでしょう。さらに最近は治安の面でも色々懸念事項もあって、こんな風な、大らかさがまかり通らなくなってきているように感じます。

 

売られていたのは、和歌山の産地直送ミカンでした。

3から5つくらいがひとつの袋に入って、200円と値段が付けられています。商品は全て200円なのできっと、兼業でほかにも何かお仕事をされているのかもしれないなぁと、勝手な想像をしつつ…。

思わず立ち止まって、「ひとつください」。するとおじさんがよっこら店頭に出てきて、「どれがいいかな?」。効率の良さばかりに目が行きがちな、現代人だったらきっと、(どれでも一緒でしょ)と適当に手に取ってしまいそうですが、私はそこで瞬時に癒されてしまい、見た目どれも同じような袋を一つずつ見て、あれかなこれかな、と選びました。

その小さな時間が、可愛らしく楽しかったこと。そして選んだのは比較的大きめのミカンが入った袋で、それを見ておじさんが「大きくても甘いよ!」と笑顔で言ってくれたこと。もうそれだけできっと、そのミカンは魔法にかかったほど甘いんだと信じられました。

 

実際そのミカンは、一粒一粒が甘くて、きっと大切に育てられたミカンだろうと思います。別の日にまたその道を通り、きっとおじさんは私のことを覚えていたわけじゃないだろうけど、また些細なやり取りがありました。お会計の際におじさんが、「もう、ミカンは終わりやなぁ。」と、少しだけ惜しそうに。私も「次は何が来るんですか?」と聞いて、会話を楽しみながらその、終わりかけの時期のミカンを1袋選びました。もちろんそのミカンも、しっかりと甘くそして、おじさんとのやり取りのように懐かしい味がしました。

 

何の変哲もない日常の、ただそれだけの話です。

でもしばらく海外にいて、そのたった10年ほどの間に世界は、急激にテクノロジーが発達しました。そしてその変化を海外で体験した私にとって、日本のその変化の前を感じられる瞬間というのは、何物にも代えがたい輝きを持っているのだということ。こういう些細なやり取りこそが、日常を豊かにするのだということに気が付いたのでした。

利便性ばかりを求めて、何でもオンラインで完結してしまう今の時代に、私は自分なりにこの人間くさいやり取りや営みを、大切にしたいと感じるのです。