フリーライター京*mia【自由スタイル探求帖】

世界放浪からシドニー移住後、京都に惹かれて帰国中。自由なスタイルを探求するライターの徒然帖です。現在の拠点:京都と大阪を行ったり来たり…

美しさや機能と引きかえに『エッセイ』。

f:id:miaE:20180311190617j:plain

 

最近やっと、原点回帰というか、健康志向を本当のところで理解し始めた気がします。

それはつまり、頭で考えてこっちの方がいいだろうとか、健康ってこういうものだよね、という机上の考えではなく、もっと本能的な部分で。そのおかげで今、私を覆っている様々なフィルターが1枚1枚、はらりはらりと捲れていくような感覚を味わっています。

 

例えば先日、スーパーで野菜を買おうと思って、はた、と野菜を探す手が止まってしまいました。

(なんで、生姜がこんなに真っ白なのか…。)

ふと、誰かのこんな言葉を思い出しました。例えば「有機栽培の野菜です」と、表向きは謳っていて、栽培中は確かに有機栽培をしていても、収穫後に一気にまとめて漂白剤で洗浄する光景を目にしたことがある、と。

私がそのとき手にした生姜がそうだったのかは、わかりません。でも異様に白く見えたその生姜を、私はそっと棚に戻してしまうのでした。

 

そういえば、かつて母親がずっと、そのようなことを話していた記憶があります。

「にんじんとか大根はね、土の中で育ったんだから、ちょっと土が付いてるくらいでいいのよ。あまり綺麗だと、不自然だわ。」

でも当時の私は幼過ぎて、もしくは他のことに意識が行き過ぎていて、まったく寝耳に水だったのに。でも時は経ち、今母親の想いが受け継がれていたことに気付きました。

見た目を美しくするために、少しでも長持ちさせるために、スーパーに並ぶ野菜や野菜は、人工的 / 科学的な処理がされていることも、多いのでしょう。最近ではカット野菜なども良い例です。

 

でも「野菜を摂る」本来の目的を考えると、そんな風に美しく機能的な野菜たちは、自然の一部のはずなのにその不自然さに違和感を覚えます。それらと引き換えにして、私たちは自分の身を削っていないだろうか、と思うのです。食べる前より、食べてから効果がある野菜を、私は食べたいんだけどな…、と。

もっといびつでもいい、ゴツゴツしたり、虫が食っていたり、土なんかまだベタっとへばりついたままでもいい!均一で、綺麗なパッケージに入っていなくてもいいから!私は心の中で、そう強く!呟いていました。

 

そんな風に、大地に育ったその野生の力を、自然の営みの一部として私たちがいただき、命を繋でいく。 それが自然の中で生きていく、ということなんじゃないかなぁ。もっと、皮ごと食べたいな、色んなことを気にせずに!切にそう思います。