フリーライター京*mia【自由スタイル探求帖】

世界放浪からシドニー移住後、京都に惹かれて帰国中。もっと自由に、自然に生きたい♡ 探求ライターの徒然帖です。現在の拠点:京都と大阪を行ったり来たり…

2018年、夏の記憶『エッセイ』。

f:id:miaE:20180831201833j:plain

道中で出会ったのどかな風景

 

2018年8月31日。

 

私の仕事的にも、稼働続きの日々が一旦落ち着いた日でもあります。

平成最後でありフリーランス最初の年の私の夏は、一言で表すとこうでした。

 

猛暑と怒涛な取材の日々。

 

夏最後のお仕事は、某雑誌の郊外特集でした。

 

おかげで京都と奈良の境目、木津市と精華町を少し知ることができたのがこの夏の収穫のひとつです。

 

行く先々で温かく歓迎してもらい、昔からその土地に慣れ親しんだ人、縁もゆかりもないのに引き寄せられるように移住してきた人、誰もがこの土地に住むことで幸せを感じ平穏に満たされている、そういう印象を受けました。

生い茂る緑と高くて真っ青な空、豊かな土壌が育む野菜や果物が採れ、移住者にも心を開いてくれるご近所さんがいて、それで十分。そんな環境の中で日々を紡ぐだけで地元愛は生まれていくものなのだな、と妙に納得しました。

 

どこもかしこも、素敵な取材先でした。

 

思い返せば、

 

滝のような汗をかきながら、車の中の温度計が示す41度に驚愕しながら、行く先々で「今日も暑いですね」を合言葉にしながら、取材先までのドライブで垣間見た真っ青な空にこっそり見とれながら、ひたすら取材をこなした7月、8月。

 

むわっと沸き立つ湿気や茹だるような暑さ、自分から噴き出る汗にうんざりしながらも、京都を中心に大阪神戸と、あらゆる素敵な人やお店と出会い続けた濃厚な日々でした。

渦中にいるときはもう無我夢中で、「時間がない!」を連呼し、留まることなく過ぎ去りゆく時間。

 

8月と9月、夏と秋の狭間。

 

永遠に続くかと思われるあれほど濃厚な日々だったのに、この一日を隔てるだけで感じる儚さはいったい何だろうと思います。今までしっかりこの手に握っていたものが、するりと抜けていく頼りない存在に感じる、そういう刹那を感じます。

 

それはでもきっとね、夏の素晴らしさに反比例した振り幅の分なので仕方ない、そう納得しているところです。

 

とはいえ、余韻に浸っている暇はなし。これから怒涛の原稿書きが待ってまーす!笑。これもまた幸せな時間のはじまりはじまり…♡

 

f:id:miaE:20180831201912j:plain

 家に着くや否やどしゃ降りに…危機一髪!の空