フリーライター京*mia【自然スタイル探求帖】

世界放浪からシドニー移住後、京都に惹かれて帰国中。もっと自然に、枠を外して自由に生きたい♡ 探求ライターの徒然帖です。現在の拠点:京都と大阪を行ったり来たり…

自分の声を聴くために、もう作り笑いはしないと決めよう『エッセイ』

f:id:miaE:20181110181131j:plain

 

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。

 

例えその場所にいる10人中9人が笑っていても、流されて作り笑いをすることは、もう卒業しようと決めました。

 

その時、その場はある人を中心にとても盛り上がっていて、でも私にはそれが微塵も面白いと感じなかった。

 

それこそ10人中9人が、その人を立てたり盛り上げたりして、でも裏ではその人に対して色んなことを言ったりそれぞれに思っていたりするのを知っていたので、私はひとり不自然なもやもやを感じていました。

 

きっとさっと輪の中に入って笑う方が、簡単です。ある人に言わせるとそれを「大人だから」となるのだそうです。

 

でも私は本当に面白くなかった…。

 

その人の話が、だけでなく、その場にいた人たちの不自然な集合意識みたいなものとか、心に沿わないことが「大人だから」という理由で正当化されることが。

 

その経験を通して、私は「ちゃんと自分に正直でいるぞー」と思ったのです。

 

ただ頑なに笑わない、ということだけを指すのではありません。私も雰囲気で笑顔になることだってあります。

だけど空気を読むということが重要視され過ぎている現代で、本当はどういう反応や態度を取るかだって、もっと自由なんだよ、と自分に染み込ませたいから、です。

もっと言うと、自分の気持ちをひとつひとつ胡麻化したくない、どんな感情も尊重したいからです。

 

じゃないと、本当に可笑しいとき、楽しいときに心から笑えなくなる気がして。

 

何より、自分の心の声を胡麻化し続ける代償は、きっととても大きいと思うのです。

 

ここぞ、というときに自分の声が聴こえないとright wayから外れた場所へどんどんと進んで行ってしまう。

だから私はちゃんと正直に自分の声が聴こえる人でありたい。そしてその声に耳を傾け、掬い上げ、表現したいと思います。

 

作り笑いだけではもちろんなくて、どんな行動も「心に沿った」ものであること。

 

そこに他の人の自分を見る目とか、体裁なんかは不要です。

最初は確かに少し気まずかったり、虫の居所が悪い思いもするかもしれませんが、自分の想いに蓋をして胡麻化し続けていると、さまざまなことが鈍り何より疲弊してしまいますもん、うん。

 

迷いのないぶれない芯は、こういうひとつひとつの誠実な積み重ねの結果だろうし、単純に私はそんな風に生きたいと、やはり思うのです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村