フリーライター京*mia【自然スタイル探求帖】

世界放浪からシドニー移住後、京都に惹かれて帰国中。もっと自然に、枠を外して自由に生きたい♡ 探求ライターの徒然帖です。現在の拠点:京都と大阪を行ったり来たり…

ネガティブな感情は、本当に「手放したい」ものなのか『エッセイ』?

f:id:miaE:20190530090134j:plain

 

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです

 

【体験シェア】や【お仕事忘備録】、【レッスンレポート】が続きましたが、久々にエッセイ書きます♡

 

私は体の循環メンテナンスのために、今は2ヶ月に1度のペースで鍼灸に通っています。

 

凄腕だけど気さくな先生。いつも施術中に笑いが絶えなくて、そんな先生の鍼灸の時間が私は大好きです。

 

それでね、最初に脈診をしてくれてくれるのですがぽつんと言われたのです。

 

「もう本当にやりたいことをやって!」

 

え?

 

聞き間違えたかと、思いました。

 

だってだって私は、自分の道を軌道修正してやりたいことをやるために、かなりのパワーを使って「違う」と思った前職を止めて、海を越えて引っ越して、フリーランスのライターを名乗るようになったのですから…。

 

はて何だろう、そう思いながら、続いて施術を受けました。

 

すると先生がいつになく真剣で、うんともすんとも話さない。

これ、占い師さんの「あれ、ちょっと待って…」の一言と同じくらいの圧があります。汗

 

ちなみに先生は、先生が私に伝えたいことを話すのではなく、いつも私の体が私に伝えたいことを話してくれます。まるで、体の翻訳者みたいに。

 

前半はいつもとは全く違う無言の時間が続き、しばらくしてやっとぽつぽつと先生が口を開き始めました。

 

で、話してみるとね、え、そういうこと⁉ そこが繋がるのか!

 

という結果になったのです。

 

実は私ね、最近ある感情がことあるごとにふつふつと湧き上がるのを抑えられず、その感情は、感じるたびに自分がしんどいということもあり「手放したい」、と強く思っていました。

 

それは、イライラ、です!

 

お恥ずかしいながら。苦笑。今までこんなに抑え切れない感情を感じたことがなく(あ、恋愛以外で!恋愛はもうコントロール不能な病気みたいなもので…)。

 

その理由は、相手が私に対して故意に何かをしているとかではなく、私が感じるものです。

 

例えば満員電車や駅の構内などで、我先にと人を押しのけて歩く中年男性や、距離感の詰め方がやたら近い人とか、そういう距離や感覚的なことなんです、どれも。圧とか自分のスペースを害される、とか。

 

フリーなので在宅で仕事をする分には天国ですが、外に出ると「間違いなく」イライラします。苦笑。

 

そして湧いてきた怒りのパワーが、突き上げてくるのをまた、私が「これは良くない感情だから手放したい!」と強く思うことの、摩擦。

 

これが、ほんっとうに、しんどかった!

 

ちょうどこの日も、鍼灸に辿り着く前に十分イライラしていたのです。

 

その話を先生にした瞬間、「それや!」と。

 

「何かを強く排除しようとする違和感を感じる!」と、しっかり言われました。そして、「それさ…、全力でやったら?」

 

また「え?」となりました。

 

「イライラしたいんでしょ、じゃあ、全力でイライラしたら?それが今やりたいこと、なんじゃないの?」

 

え、え、え、 えーーーーー!

 

眼からうろこがね、100枚くらい、落ちましたよね。ハラハラハラハラ…!

 

やりたいことって、好きなことを仕事にしたいとか、この場所に住みたいとか、わかりやすい願望のことしか思い付きませんでした。

 

そう言うと先生は、「でもその感情、そんなに勢いよく湧き上がって来るんでしょ?それって情熱じゃない?」

 

正確な答えがどこかにあるわけじゃないです、こういうことは自分がしっくり来ることだけが自分にとってのそのときの、答えだから。

 

でも面白いのはさらにここからで…。

 

この日の鍼灸からの帰りにね、「イライラ上等!どんどんイライラさせに来いや!」(言葉遣い失礼します)って、ひと昔前のヤンキーよろしく勢い付けて歩いていたのですよ、私。苦笑。

 

すると、何と、一度もイライラさせてくれる対象と出会わず!

「どんどんイライラしてあげるから、やな奴来い!」「怒ってもいいんだもんね、私は今」と思って歩いていると、不思議なことにイライラの対象が、現れないという現実。

 

いや、そんな簡単なことで今までの苦しみから解放されるわけがないと、翌日も翌々日も同じような気持ちで出かけるのです。

でも何なら自分の横にふいにスペース(空間)ができたり、とてもマナーのいいような人を見かけたり…。

 

イライラしちゃいけない、と思うとイライラする対象が現れ、イライラしてもいいんだよ、と思うとイライラする対象は現れない。

 

何だこの哲学じみた、現実は…!

でも怒っていいよと決めてから、今までならイライラしたであろうできごとに少しでも出食わすと、「おらぁ!」と心の中で(一応)悪態つくのですが、怒ってもいいと自分で自分に許可を出しているので楽なのです。気持ちが!

 

あれから数週間経ちましたが、今もイライラからほぼ解放されたままです。

 

湧き上がる感情は結局、今本当の自分が味わいたい感情なのだということ。

一見ネガティブだったりするから、できればコントロールしたい気持ちにもなります。

でも手放したいならまず一度噴火させる、自分の本音に従うってこういうパターンもあるのだな、という気付きでした。

 

ありがとうございます、先生のおかげです。あなたは一体…ボディカウンセラーですか?

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村