【ナチュラルライフ探求帖】フリーライター京*mia

世界放浪からオーストラリアへ移住後、京都に惹かれて期間未定で帰国。食とからだと心、宇宙の真理もまとめて探究中!海のある暮らしに憧れています。

【湘南・鎌倉市】通称「権五郎神社」、江ノ電が鳥居の真ん前を走る紫陽花で有名な『御霊神社』【通いのデュアルライフ】

f:id:miaE:20201015094141j:plain

 

ナチュラルライフ探求ライター、miaです。

 

海辺の古都から情報をお届けします。

今回も湘南、鎌倉界隈のエリア情報のご紹介。

 

神社よりお寺の方が多い(印象の)鎌倉ですが、お寺巡りの最中に出会ったこちらの『御霊神社』。

 

鳥居の真ん前を江ノ電が走っていて、6月にはその風景に紫陽花が色を添えてくれます。江ノ電と紫陽花のコラボ、とも言える絶景を見に電車マニアのみならず多くの人々を惹き付けています。

 

そしてこちらの神社は、鎌倉の地を治めていた鎌倉権五郎景政を祀っていることから、地元では「権五郎神社」と呼ばれ、その命日にはお面を被った人々が練り歩く「面掛行列」が行われているそう。

 

やはり初めて訪れると、江ノ電の迫りくる迫力に圧倒されます。

ガタンゴトンと音を立てるその奥に、まるで別世界のように佇む『御霊神社』。入口では樹齢約400年というご神木が迎えてくれます。

 

f:id:miaE:20201015095658j:plain

線路越しに鳥居を臨む

f:id:miaE:20201015095738j:plain

鳥居前を横切るときの迫力がすごい

f:id:miaE:20201015095709j:plain

ご神木「たぶの木」

 

海は見えないのだけれど、由比ヶ浜が近いためか潮風を感じるような気がします。あくまで気がするだけだし、造り的なものかもしれませんが、境内全体に開放的な気を感じました。

(鎌倉という将軍の時代・地を思うにそんなにポジティブな場所ではないはずですが…戦いの土地ですから)

 

そして境内には、ご神木と同じく樹齢約400年という立派な「夫婦銀杏」があり、「雌雄そろって聳え立ち毎年多くの銀杏の実を結ぶことから一夫婦円満、家内安全、子宝安産のシンボル」とされているよう。

 

f:id:miaE:20201015100704j:plain

緑生い茂る境内

f:id:miaE:20201015095955j:plain

樹齢約400年の「夫婦銀杏」

 

この界隈は坂の下という地名です、歩いていてワクワクするような小道に、今はたくさんの可愛くセンスあるカフェやショップなども点在しています。

 

f:id:miaE:20201015101339j:plain

有名な「カフェ坂の下」もすぐ

f:id:miaE:20201015101416j:plain

突如現れた赤い鳥居

 

今という時期だったからかもしれませんが、6月のメインシーズンを外せば比較的静かな参拝ができる神社のようです。

個人的にはこの界隈の雰囲気も相まって、好きな神社のひとつになりました。

 

※掲載内容は訪問時の情報です。ご利用の際は最新の情報を事前にご確認ください。

※訪問日、2019/9/18

 

『御霊神社』

Add:神奈川県鎌倉市坂ノ下4-9

Twitter

twitter.com

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

【湘南・鎌倉市】通に愛される、由比ヶ浜通にある南インド本場の味『鎌倉バワン』【通いのデュアルライフ】

f:id:miaE:20201014224022j:plain

 

ナチュラルライフ探求ライター、miaです。

 

海辺の古都から情報をお届けします。

今回も湘南、鎌倉界隈のエリア情報のご紹介。

 

口コミで知り、気になっていた南インドカレーの専門店へ。

 

『鎌倉バワン』。

 

こちらのお店は、鎌倉駅から由比ヶ浜通りを長谷寺の方へ向かって徒歩約15分ほど。

小さいお店の上、地元の人やカレー通が集まる人気店と聞いていたので、オープン後すぐとランチタイム後に訪れました。

おかけで2度とも、待たずにすぐ席に着くことができましたよ。

 

f:id:miaE:20201014224050j:plain

店を出たら待っている人が数名



『鎌倉バワン』の特徴は、本場南インドカレーのミールス(定食)がいただけること。

 

ちなみに私は、北インドをビザが切れるギリギリまで旅していたことがあります。なので北インドのカレーの定食、ターリーは馴染みがありました。調べてみるとどうも、南インドでは同じスタイルを、ミールスと呼ぶようです。

 

ただ北と南ではカレーそのものもずいぶんと違います。

私たちが日本で「インドカレー」と呼ぶ店で提供されるものは、ほぼ北インドのカレーだそうで、バターや生乳を使った濃厚な味。対して南インドはサラリとしたスープのよう。酸味の強さも特徴のひとつだとか。

 

『鎌倉バワン』は後者、珍しい南インドカレーが楽しめるのです。

 

私が注文したのはこちら、肉or海鮮or野菜(サンバル)からメインのカレーを選べる「本日のカレー」(1300円)。

 

f:id:miaE:20201014224324j:plain

「本日のカレー」(1300円)

 

この日は「チェティナードチキン」(+100)と「フィッシュカレー」の選択肢があり、チキンを選びました。

美食で知られるチェティナード地方の料理で、スパイスをふんだんに使ったグレイビーでチキンを煮込んで作るカレーだそうです。「コクがしっかりしてます」という一言が決め手に。

 

こちらの定食には、この本日のカレーのほか、南インドで日常的に飲まれているスープ「ラッサム」、副菜×2、インドのお漬物「アチャール」、ライス、豆粉で作った「パパド」、ペースト状の「チャトゥニ」がセット。

 

どうして食べるのか尋ねたところ、「ミールスなら、私たちはもう全部混ぜて食べますけどね。笑」と。

「ただ、チェティーナドチキンのカレーだと、これはご飯と一緒に食べるのがいいかもしれません」とのことでしたので、まずメインのカレーとライスをそれだけでいただき、後半戦でおすすめの方法、まぜまぜスタイルを試してみました。

 

f:id:miaE:20201014224338j:plain

パパドもバリバリに砕いてご飯に振りかけ混ぜまぜ

 

これがもう、本当に…絶品で♡

全体的にあっさりしているから素材の味が際立ちながら、スパイスの味も効いている。

 

もちろん、ほろっと口中でとろけるような「チェティーナドチキン」は言わずもがな、どの一品も美味しいこと。特に副菜のズッキーニのカレーとココナッツ炒めや、トマトとタマリンドの酸味が効いたラッサムの味は、記憶に沁みついています…。

 

そんなわけで、帰阪する日の最後の鎌倉ランチに、もう一度訪れました。

 

f:id:miaE:20201014224353j:plain

雑貨ひとつとっても心つかまれる可愛さ

 

2度目はメニューを見た途端、すぐに決まりました。

「本日のカレー」の「あさりココナッツ」を♡。

お店のインスタグラムで紹介されていたかで、これは食べたいと思っていたので嬉々として注文!

 

f:id:miaE:20201014224407j:plain

 

あさりとココナッツはきっと初めて食べた組み合わせですが、これが絶妙で!

「飲みたい!」と思いましたね。思いっきりゴクゴクと。それくらい深みはあるのですが後味はさっぱりしたカレーです。

 

f:id:miaE:20201014224412j:plain

 

感じのよいご夫婦でされている、こじんまりしたエスニックなお店です。

あまりの美味しさに色々と質問してしまいましたが(職業病。汗)、丁寧に答えていただきました。店主の旦那さまのインド好きが高じて、お店を開いたとどこかで読みましたが、その通り南インド愛、カレー愛が静かに満ちていました。

 

店内の雰囲気も素敵で、小ぎれいなインドという感じ。笑。

お手洗いも小さいのだけど、お香が炊かれていて心地よかったです。

 

次の滞在でも、ぜひまたお邪魔したいです。

 

ご馳走さまでしたー!

 

『鎌倉バワン』

Add:神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-2-23


Open:11:30~15:00(LO)

Close:日曜

HP:

www.facebook.com

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

「PrettyOnline」奇跡の野菜⁉ 鮮烈なルビー色「ビーツ」、ミキサーいらずの簡単レシピ3つ【お仕事忘備録】

f:id:miaE:20201011174624p:plain

Hello all! ナチュラルライフ探求ライター、miaです。

 

皆さんは、この写真のルビー色の野菜をご存じですか。

海外ではデリなどで見かけることも多く、「ボルシチ」のイメージを持っている人もいるかもしれませんね。

 

この野菜の名前は、「ビーツ」。

奇跡の野菜とも「飲む点滴」とも言われるほど、栄養価の高さが特徴なのです。

 

ただこのビーツ、とてつもなく固い!そして調理中も色がどんどん滲み出てくる!

 

いったいどうやって食べるのか…。

レシピを調べてみると、ミキサーやブレンダーを使ったものが多く、それらを持っていない私は少し困りました。

それでもこの奇跡の野菜を食べてみたい!

 

そんな私のような人も少なくないかと思い、この記事を書きました。ミキサーいらず、簡単さが魅力のビーツの食べ方3つをご紹介しています。

www.pretty-online.jp

 

これから第二の旬が訪れます。フレッシュなビーツを美味しく堪能してみては⁉

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

「PrettyOnline」冬に向けてのおこもりもバッチリ!もっと家で過ごしたくなる感性を豊かにする空間づくりとは【お仕事忘備録】

f:id:miaE:20201006185724p:plain

Hello all! ナチュラルライフ探求ライター、miaです。

 

今年に入ってから増えた「おうち時間」で、住居空間を見直す人が増えたそうですね。

 

何を隠そう私もそのひとりで、今猛烈に(今さら。汗)断捨離を進めています。

それも特に大きい家具や楽器、電子機器など、ずっと使っていなかったもの、大き過ぎてひとり暮らしの私では使い切れていないものを、思い切って処分することにしたのです。

 

色々と目指している空間のイメージはあるのですが、まずは断捨離から。なにごとも手放すが先、と言いますもんね。

インテリアや収納雑誌を買い集め、にまにましながら日々眺めています。

 

そんな風に住居空間やそこでの過ごし方を考えたときに、そこにいるだけで感性が高まり、心が豊かになる空間にしたいなぁと、ばくぜんと思い始めました。

 

これから冬を迎えると、また「おうち時間」が必然的に増える可能性があります。新型ウィルス(もう「新」でもないですね。笑)はそもそもインフルエンザと同様に冬に特に拡大すると考えられていますから。

 

それでも余裕でおこもりできる、なんならもっと家で過ごしたい!そう思える空間づくりができればいいですよね。今回はそのヒントになるようなアイデアをご紹介しています。

 

もちろん、私も取り入れる予定ですよ!

何かご参考になることがあれば幸いです。

www.pretty-online.jp

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

【お知らせ】ブログを通していただいた、お仕事のご依頼について。

f:id:miaE:20201005182913j:plain

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

ナチュラルライフ探求ライターのmiaです。

 

こちらのブログを通してお仕事のご依頼をいただいております。

ただブログのお問い合わせフォームと、常に確認できるメールアカウントが別に設定していたため、気付くのが遅くなってしまいました。申し訳ありません!

 

まさかこちらからお仕事をいただけるとは、ブログ立ち上げ時にはそこまで期待していなかったのですよ!本当はそのような目的で作ったにも関わらず…。

なので、本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいです!

 

順次、お返事をさせていただきますので、もう少々お待ちくださいませ。

 

いただいていた期限を過ぎてしまったものもあり、残念で申し訳なく思っています。

 

今後はそのようなことがないよう、細心の注意を払います。

ですので、ぜひ懲りずにまたご依頼いただければ幸いです。楽しみにお待ちしております!

 

※ただ当ブログと関係のない広告掲載のご依頼など、ご期待に沿えそうにない場合はお返事できかねます。ご了承くださいませ。

 

mia

【湘南・鎌倉市】素朴な『極楽寺』から極楽寺坂を通って、縁結びの『成就院』へ【通いのデュアルライフ】

f:id:miaE:20201004173313j:plain

 

ナチュラルライフ探求ライター、miaです。

 

海辺の古都から情報をお届けします。

今回も湘南、鎌倉界隈のエリア情報のご紹介。

 

今回の滞在先、稲村ケ崎からほど近いお寺がこちら、『極楽寺』でした。

同じ名前の駅もあり、さぞかし賑わっているのかという予想は見事に裏切られ(いい意味で)、平日だったこともあってか、人はまばら、どころか参拝者はほぼ私ひとりのみ。

清掃員の方が2名、黙々と境内を掃除されていました。

 

私の場合は滞在先から徒歩でしたが、江ノ電の『極楽寺駅』から徒歩数分のところにあり、茅葺の山門が迎えてくれます。

 

f:id:miaE:20201004173337j:plain

 

1259年創建、鎌倉では唯一の真言律宗のお寺。

 

中に入るとそこは別世界、静寂に包まれています。聞こえてくるのは鳥の鳴き声と、境内を掃除するほうきの音だけ。

この静けさの中に佇んでいると、まるでタイムトリップしたような感覚になり、私は個人的にそれがとても心地いいのです。

 

本堂も境内も名前の割にずいぶんと地味な印象を受けますが、鎌倉の多くの寺社仏閣がそうであるように、『極楽寺』でも花の時期には見せ場を迎えるようです。

紫陽花をはじめ、春には梅、そして参道の両脇を埋め尽くす桜のトンネル、宝物館の前にある八重一重咲き分け桜というちょっと変わった名前の桜が、境内を彩ります。

 

観光の中心地より少し離れた立地のため、もしかしたら人込みを避けて美しい花々を愛でることができるかもしれませんね。

 

f:id:miaE:20201004173349j:plain

f:id:miaE:20201004173413j:plain

 

※ちなみに以前は境内写真撮影禁止でした。現在は三脚などを使わなければよいそうです。

 

極楽寺
Add : 神奈川県鎌倉市極楽寺3-6-7

Open : 9:00~16:30

 

さて、『極楽寺』を出たら極楽寺駅を通り過ぎたあたりにある、極楽寺坂にぶつかります。この坂道は、鎌倉七切通しのひとつとしても有名な由緒ある坂道だとか。

 

この道をてくてく歩いて目指したのはこちら、『成就院』。

 

f:id:miaE:20201004173433j:plain

f:id:miaE:20201004173455j:plain

 

「西結界」と書かれた門をくぐって境内へ。

 

成就院』は鎌倉幕府(三代執権北条泰時)が、1219年に建立したこじんまりとしたお寺。

縁結びと子宝安産にご利益があるとされていて、本尊不動明王は「縁結びの不動明王」とも呼ばれているそう。ちなみにこちらの不動明王さん、撮影してスマホの待ち受けにしてもご利益があるそうなので、ぜひお試しを。

 

f:id:miaE:20201004173515j:plain

 

そしてこの『成就院』をより価値の高いものにしているのが、由比ヶ浜を見渡す絶景!

何を隠そう、私もその景色見たさに訪れたのも理由のひとつです。

こちらは108段の階段を上った山上にあり、参道を振り返ると「うわぁ」と声が思わず漏れるほどの絶景が眼下に広がっています(トップの写真参照)。

 

※掲載内容は訪問時の情報です。ご利用の際は最新の情報を事前にご確認ください。

※訪問日、2019/9/18

 

成就院

Add:神奈川県鎌倉市極楽寺1-1-5

Open:8:00~17:00、11/1~3/1 ~16:30

HP:

www.jojuin.com

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

【湘南・鎌倉市】ノマドワーカー必見!鎌倉の拠点にしたい静かで美味しい穴場スポット『Siblings Kamakura』【通いのデュアルライフ】

f:id:miaE:20200930112208j:plain

 

ナチュラルライフ探求ライター、miaです。

 

海辺の古都から情報をお届けします。

今回も湘南、鎌倉界隈のエリア情報のご紹介。

 

鎌倉駅近くで、まずは一杯のコーヒーでも、と思ったとき。

 

まず東口にはチェーン系コーヒーショップや、喫煙OKな昔からの喫茶店などがいくつもあります。ただ個人的に、東口の観光客で賑わう混沌とした雰囲気が苦手で、落ち着ける場所を探していたら…ありました!

 

西口から徒歩数分のところにある、こちらのカフェ、

 

『Siblings Kamakura(シブリングス 鎌倉)』 。

 

サイトにある、新しい「鎌倉発進基地」というコンセプトの通り、wi-fiやコンセント、プリンターが完備されているオフィス仕様のカフェなのです。

これはノマドワーカーの私には嬉しい発見!

 

線路沿いの道から少しだけ奥まったところ、しかも2階にあり静かです。

 

さらに嬉しいことに、午前8時からの営業時間。

静かな鎌倉では、朝でもからサクッと入れるカフェが意外と少ないのです。以前は午後10時、午後8時まで営業していたようですが、今はコロナの影響か午後6時までとなっています。

 

そしてこちらの看板商品は、キューブパン!店内に入ってまず目につくのが、可愛いキューブのコロッとしたパンの数々。お店で調理されて焼き立てが並びます。

 

人気の「クリームチーズ」から「あんぱん」「デニッシュ」などのスイーツ系から、「ガーリックトースト」や「塩バターパン」などのおかず系まで5~6種類ほど。これが季節によって変わるようで、それを楽しみにまた訪れたいと思ってしまいます。

 

さて初めては、移動直後の休憩での利用だったので、コーヒーと「宇治抹茶ホワイトショコラ」を。宇治抹茶なんて、地元にいる方が馴染みの食材なのについ…!やっぱり好きなようです。苦笑。

 

このキューブのサイズがまた絶妙で。小腹が空いていたらちょうど収まるし、空いていなくてもペロリと食べられてしまいます。つまり、いつでも食べられちゃう!笑。

 

味も美味しく、特にコーヒーの飲み心地が好みでした。ずっしり重くなく、酸味も強くなく。

 

f:id:miaE:20200930144158j:plain

宇治抹茶ホワイトショコラ」と「Sib’sブレンド

 

別のときはモーニングをやっているカフェをなかなか見つけられず、結局こちらへ。

ちなみに滞在先の近所には、インスタ映えで流行り朝から列を作っている古民家カフェがあるのですが、私はもっぱら心地いい静けさを選びます。笑。

そうそう、鎌倉では朝食がブームなのか、それも白身の卵をメレンゲ風に泡立てた卵かけご飯や、和食を提供する和カフェが目立つ気がします。

 

話を戻して、朝食ジプシーになった私。

というのもまだ前夜に到着したばかりで、土地勘も情報もなかったのでね。

 

そして『Siblings』で軽く朝食を取ることに。

少しだけ食べられればいいと思って、単品でキューブパンとコーヒーを注文しようとしたら、良心的な店員さんが「今の組み合わせにヨーグルトグラノーラが付いた『Aセット』の方がお安いですよ!」と笑顔で。

もちろん、そのようにさせてもらいましたよ。

 

これが思いのほかよくって。サクサクのグラノーラとヨーグルトが美味しく、組み合わせたデニッシュとディカフェのコーヒー、どれもしっかり美味しかったです。

そうこちら、美味しいディカフェがあるのも高ポイント!

 

f:id:miaE:20200930152429j:plain

「Aセット」(ドリンク代『ディカフェ530円』+200円)

 

私は仕事では使いませんでしたが、ジャーナリングに夢中になっていたので、ちょっとした長居になりました。少し距離のあるところを走る列車の音が適度なBGMになって、心地よく時間を過ごすことができます。

しかも店員さんも、人間味のあるいい距離感の接客をしてくれます。

 

きっとまたお邪魔すると思います。

ご馳走さまでした。

 

※掲載内容は訪問時の情報です。ご利用の際は最新の情報を事前にご確認ください。

※訪問日、2019/9/15

 

 『Siblings Kamakura

Add:鎌倉市御成町13−36 御成町テラス2階

Open:8:00~18:00

HP:

www.siblings.jp

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村