【ナチュラルライフ探求帖】フリーライター京*mia

世界放浪からオーストラリアへ移住後、京都に惹かれて期間未定で帰国。食とからだと心、宇宙の真理もまとめて探究中!海のある暮らしに憧れています。

マインドあれこれ

全ての言い訳を手放すと真実のみが残る【エッセイ】

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。 私はメンテナンスのために、月一である鍼灸師さんのところに通っています。今日がその日だったので、今体が巡ってなんとも気持ちがいい状態でこの記事を書いています。 彼女が彼女の師匠に言われて印…

「自分らしさ」に惑わされなくていい【エッセイ】

Hello all! 京都拠点のフリーランスライター、miaです。 最近よく耳にします。 「自分らしく生きよう!」「自分らしさ全開で生きるほど開ける」とか…。 私は正直、自分らしさをイマイチ掴み切れていません。笑。 自分のコアの部分(軸)は、ぶれることはめっ…

2018年、夏の記憶【エッセイ】

道中で出会ったのどかな風景 2018年8月31日。 私の仕事的にも、稼働続きの日々が一旦落ち着いた日でもあります。 平成最後でありフリーランス最初の年の私の夏は、一言で表すとこうでした。 猛暑と怒涛な取材の日々。 夏最後のお仕事は、某雑誌の郊外特集で…

もう二度と戻れない旅路の余韻に溺れる【エッセイ】

シャモニ近くのローカル線の駅にて(ワタクシです) 先日、「利便性を追い求めて、結局クオリティが下がるようなことがあったら、本末転倒だよね。」というような話を仕事関係の知人としていました。 そこから話は私の旅時代に及び、 旅というのは本来、不自…

素敵カフェでの「もったいない」経験で考える【エッセイ】

時間を有意義に潰せるような、カフェやショップの少ない地元に、珍しく素敵なカフェを見つけました。それはライターとして、見開き2Pの原稿を書きたい!と思えるくらいの素敵さです。 寡黙な店主がひとりで経営する、こだわりのお店。それは聞かずとも店内を…

貸しっぱなしで、与えっぱなしで、忘れている【エッセイ】

「貸した方は覚えてないけど、借りた方は覚えている。」 先日、気の置けない旧友たちと話をしていて、そういう話題になりました。 ◇◆◇ そのうちのひとりと私は、以前一緒に南米を旅行したことがあり、しかも私のカードが原因不明のエラーで使用不可能。困り…

美しさや機能と引きかえに【エッセイ】

最近やっと、原点回帰というか、健康志向を本当のところで理解し始めた気がします。 それはつまり、頭で考えてこっちの方がいいだろうとか、健康ってこういうものだよね、という机上の考えではなく、もっと本能的な部分で。そのおかげで今、私を覆っている様…

みかん屋さんと郷愁【エッセイ】

テクノロジーばかりが発展している時代に、人と人との関わりに、なんと癒されるのだろうと思うことがたびたび、あります。 こないだも、最寄り駅から家まで歩いて帰っているときに、一軒家のガレージを改装して直送フルーツを売っているお店がありました。ま…