ナチュラル・コンシャス-本質的で自然に沿った暮らし-

世界放浪からオーストラリアへ移住後、京都に惹かれて期間未定で帰国。食とからだと心、宇宙の真理もまとめて探究中!海のある暮らしに憧れるライターです。

新しいカフェのあり方を表現した、ノースの新星「Against the Grind 」!

f:id:miaE:20180310094552j:plain確かな腕と、ユーモアのセンス溢れる親日家スタッフたち

 

Hello all! ナチュラルライフ探求ライター、miaです。 


「Against the Grind(アゲインスト ザ グラインド)」

 

2017年の7月末、閑静な住宅街ノース・シドニーに登場し、早くも常連たちで賑わうカフェがあります。

 

イタリアとギリシャの料理を、最高の食材で提供することをコンセプトにしている一軒。

何より大切にしているのは鮮度と品質で、採れたて・自家製をとことん追求しているところ。例えば、ディップなどの手作りはもちろん、肉のスライスも店内で行い、フィッシュマーケットに卸す前の魚を毎朝仕入れているという徹底振りなのです。

 

ですが一歩店内に足を入れると、その真摯な姿勢とは打って変わってな明るく気さくな空気感が漂います。

スタッフとお客さん、スタッフ同士の話声や笑い声が、まるでBGMのように耳に心地いい。お客さんもそこで働くスタッフも同じように大切で、その空間を盛り上げることに心を砕いているという、オーナーたちの想いの表れでしょう。

 

鮮度抜群の料理、明るい雰囲気とくればもちろんコーヒーだけど、こちらももちろん抜かりありません。オーナー兼バリスタたちは、いずれも長い間この業界で腕を磨いてきた熟練者ばかり。

 

使っているカンポス豆は、シドニーで最も認知されている人気の豆のひとつ。ガツンと脳に来る強めボディのカンポスが好きなオーストラリア人は多いのです。

その豆を使って淹れる、正確な抽出法とミルクのスティームでバランスの取れた一杯の美味しいことといったら…!

 

またこちらのバリスタ陣は遊び心たっぷり!お客さんの連れてきた犬や、メッセージを込めたアートをさらっと施して提供してくれますよ。

 

さらに日本人コミュニティの盛んなノースエリアという立地を考慮し「Chicken Katsu Curry(チキンカツカレー)」や「Green Tea Latte(抹茶ラテ)」などもメニューに加えています。そんな親日家な一面も嬉しいですね。

f:id:miaE:20180310094730j:plainお客さんのペットをモデルに。即興ラテアートも得意!

f:id:miaE:20180310094244j:plain好きな素材を組み合わせて選べるブレックファースト

f:id:miaE:20180310094238j:plainフレッシュな「POKE」はリピーター続出!

f:id:miaE:20180310095640j:plainチキンカツを使った別の一皿は、サックサクで美味

 

「Against the Grind 」

Add:9 Young Street Neutral Bay, Neutral Bay, New South Wales

Open:7:00~17:00

HP:FBで「Against the Grind」