ナチュラル・コンシャス-本質的で自然に沿った暮らし-

世界放浪からオーストラリアへ移住後、京都に惹かれて期間未定で帰国。食とからだと心、宇宙の真理もまとめて探究中!海のある暮らしに憧れるライターです。

特別な日はホテルのバーで過ごす、天空のオアシス「Blu Bar on 36」

f:id:miaE:20181007171841j:plain

Hello all! ナチュラルライフ探求ライター、miaです。

 

シドニーにいるとき、誕生日や送別会など、特別なことをお祝いする日はよく行ったのが、

 

「Blu Bar on 36(ブルバー オン 36)」

 

「シャングリラホテル」の36階に位置するラグジュアリーなホテルバーです。

 

ソファ席のメインエリアに通されるまでたいていウェイティグバーで15分ほど待つことになるのですが、こちらからはオペラハウスやハーバーブリッジは見えないものの、ここの雰囲気も捨てがたい!

目の前で熟練(イケメン⁉)バーテンダーがシェイカーを振る様子を見るのもなかなか楽しい時間なのです♡

 

もちろんメインエリアはシックな内装に開放的な天井、ふかふかのソファという高級感溢れる空間です。シドニーの象徴をも眼下に見渡せるなんて、この上ない贅沢!

 

おすすめの時間帯はやはり夕刻から夜にかけてでしょう。

ぜひ陽が暮れかける瞬間、空の色に魔法が掛かるマジカルアワーをぜひ過ごしてみて欲しいです。日中の全景、夕景、夜の夜景と3度美味しい時間帯ですよ。

 

さて、

 

で、一緒に行くコアなメンバーはいつも同じ、オージー女子2人と私、そしてその時々で別の誰かが加わります。たいてい女性ばかりで少しお洒落して出掛けるのです。

 

私たちはそういう「特別な日」が大好きで、「シャングリラ行き」で予定が埋まるとその日までを指折り数えて、何を着ていくかを話したりして過ごします。笑。

 

とはいえ、カクテル一杯20ドル以上するので、それほど多く飲めるわけでもありません。合言葉はいつも「シャングリラでは酔えない!」でして、前もってどこかで数杯を済まして向かうことも…。笑。

とはいえ結局、気分が乗ってくると(酔ってくると)ついワインなどの「ボトル」を入れてしまうのですが!

 

うむ、書いているとまた行きたくなってきた、こういうときにサラッと行ける暮らしがしたい。笑。

 

シドニーで非日常感を味わいたいなら、ぜひおすすめの「Blu Bar on 36」でした。

f:id:miaE:20181007175452j:plain夜景は思わずため息が洩れそうな美しさ♡

 

「Blu Bar on 36」

Add:176 Cumberland Street, The Rocks, Sydney 

Open:17:00~24:00(Mon to Thu)
    16:00~25:00(Fri)
    14:30~25:00(Sat)
    15:00~23:00(Sun)

HP:

www.shangri-la.com

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村