ナチュラル・コンシャス-本質的で自然に沿った暮らし-

世界放浪からオーストラリアへ移住後、京都に惹かれて期間未定で帰国。食とからだと心、宇宙の真理もまとめて探究中!海のある暮らしに憧れるライターです。

「京都国立博物館」を臨む、思い出の地「ハイアットリージェンシー京都」でサプライズ・アフタヌーンティー

f:id:miaE:20191115204508p:plainHello all! ナチュラルライフ探求ライター、miaです。

 

今回は、感謝の気持ちを伝えたくてハハへサプライズ・アフタヌーンティーをしてきました。

彼女の大好きなゆったりと寛げる空間でのアフタヌーンティーは、私たちのご褒美の定番になりつつあります。

 

今回の舞台は「ハイアットリージェンシー京都」。

三十三間堂」の隣、「京都国立博物館」の向いのこの場所には、以前「京都パークホテル」という名前のホテルがありました。2006年にハイアットブランドに転向しリニューアルオープンしていたそうです。

 

京都生まれ育ち、結婚してから大阪に移り住んだハハは京都のことを懐かしみ、休日にはよく彼女に連れられて京都に遊びに来たものです。

その思い出のひとつが、旧「京都パークホテル」のレストランでのランチでした。

 

向かいに建つ「京都国立博物館」を眺めながら、高級ホテルというわけでもなかったけれど、洋食屋さんより少し優雅にいただけるグリルランチを2人で満喫したものです。

 

そして2019年、その思い出の地にあるハイアットでアフタヌーンティーをやっているとのこと、彼女へのサプライズの舞台に選びました。

「コンテンポラリージャパニーズ」をコンセプトにしたという「THE GRILL」の内装は、和の伝統美を国際感覚豊かな現代のテイストで魅せる素晴らしい空間に。

f:id:miaE:20191115203835j:plain予約時に「景色のいい席が希望です」と残したからか窓際のいい席に

 

さてそして、主役のアフタヌーンティーはこちら!

f:id:miaE:20191115203713j:plainf:id:miaE:20191115203759j:plainf:id:miaE:20191115203818j:plain

竹籠に盛られた、目にも麗しいアフタヌーンティーの品々。

このプレゼンテーションにハハと私、思わず「女子化」して心ときめかせてしまいました♡

 

京都ジンに漬け込んだサーモンタルティ―ヌ、フォアグラとゲヴェルツトラミネールのテリーヌ パン・デピス 、宇治抹茶と小豆のロールケーキなどなど。

 

さらに別皿に焼きたての温かいスコーン 、「宝泉堂」最中シャンティ 小豆 クリームが提供されました。

 

ドリンクも豊富なメニューから飲み放題なのが嬉しく、コーヒーとフレーバーティーを。そして最中(もなか)のときには、ホテルのスタッフの方おすすめの「一保堂」さんのお茶と合わせました。

 

これらを90分ほどかけてゆっくりといただく贅沢さ。

お料理は一口サイズだけれど、どれも手を抜かない繊細な作りと味わい。

 

記憶の中の雰囲気とはずいぶんと違っていましたが、引けを取らないどころかそれ以上の素晴らしいサービスとホスピタリテイに感動。新しい思い出を上書きした、幸せな時間になりました。

 

ご馳走さまでした♡

 

「THE GRILL」

Add:京都市東山区三十三間堂廻り644-2

Open:6:30~10:00

HP: 

www.hyatt.com

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村