【ナチュラルライフ探求帖】フリーライター京*mia

世界放浪からオーストラリアへ移住後、京都に惹かれて期間未定で帰国。食とからだと心、宇宙の真理もまとめて探究中!海のある暮らしに憧れています。

コロナさんのおかげで起きている、ポジティブな面に意識を向けることだってできる

f:id:miaE:20200329102406j:plain

 

Hello all! フリーランスライター、miaです。

 

新型コロナウィルスの影響で日々刻々と変わる世界の情勢、心も体も疲弊している人も少なくないかもしれません。

日本ではまだまだ規制は緩く、週末の「外出自粛」程度とされていますが、それですら耐え切れないという人も…。

 

私はもともとフリーランスライターで自宅勤務、さらにひとりの時間が全く苦にならないどころか幸せを感じるタイプのため、自覚している範囲ではストレスは感じていません。

しかも諸事情で取材案件をしばらくお休みし、ライフスタイルについての記事執筆に切り替えたため、もうますます通常モードです。

まるでこんな日々が来ることがわかっていたかのように、今力を入れているお仕事はこの世界の動きと連動したようなテーマですし。

 

全てが完璧な流れの中にいるとしか、思えません。

 

それでももちろん、さまざまな制限や経済的不安は、私の暮らしにだって影を落としています。

 

ただ、ものごとは常に中立であり、ポジティブもネガティブも意味付けするのは自分たちであるように、このコロナさん関連のできごとにも気分が明るくなるような面があると思うのですよ。

 

例えば、

 

・世界がひとつになる

「新型ウィルス」だとか「感染症」だとか、あまり嬉しくはないキーワードではありますが、未だかつてこれほどに世界が一丸となってなにかに取り組んだことがあったでしょうか、それもこんなに真剣に。

今私たちは大きなひとつのチャレンジを世界中でしているのだと感じています。確かに今、国や地域ごとのロックダウンが次々と起こり一見「分離」を極めているように見えますが、すべてを通り抜けた後、つまりアフターコロナの世界は、今までみたこともないような融合や調和が広がっている気がしてなりません。

 

NASAの映像で証明された空気の清浄化

NASAの発表では、武漢の都市封鎖を実行し、交通機関や企業活動が停止された時期と一致するように、同市の大気汚染が低下していることがわかったそうです。

今、地域や国封鎖やロックダウンは世界中に広がりつつあります。つまりこの嬉しい影響は世界に拡大していくことになるのでしょうね。

もちろん、いつまでもロックダウンしているわけにもいきませんが、私たちがただ生活するだけでいかに空気を汚染しているかを再確認する機会なったと同時に、よりよい地球を取り戻すために私たちができることを考えるきっかけにもなったように思います。

www.bbc.com

 

・自分に向き合う時間がたっぷり

学校や仕事が強制的に休みになったり、行動範囲に制限がかかることで、物理的に自分と向き合っている人もいるかもしれませんね。

外へ出られないとき、私たちができることは自分の内へ入っていくこと。つまり今は私たちにとってこれ以上にない「内観の時期」なのです。

 

心を落ち着けるためにおうちヨガや瞑想を取り入れる人もいるでしょうが、今まで忙しさを理由にないがしろにしてきた自分の気持ちを大切にすることも、自分に向き合うことだと思います。

ただ好きなことを飽きるまでするとか、自分にご褒美をあげるとか、気になっていたことをリサーチする、とかね。

 

・家族とゆっくり過ごせる

家族がいるから無理だわ、という人は家族と過ごす時間をぜひいつも以上に大切にしてください。

夫婦そろってテレワークになったなら、お互いの仕事風景を通して新しい一面が見えたり、4·6時中一緒にいる中でいかに相手を思いやり、いい距離を保つかの訓練にもなります。

小さなお子さんのいる家庭はまた別の大変さがあるようですが、お子さんが小さいときほど一緒に過ごせる時間は瞬く間に過ぎていくと聞きます。その貴重な時間は後から思い返すときっと、「かけがえのないギフト」になるかもしれませんよ。

 

・これからの生き方、あり方を考える機会に

今の混沌とした状況が永遠に続くことは、ありえません。

大切なのは今この「静」の時期にどう過ごし、その後の「動」の時期にどうなっていたいか、どうありたいかを考える機会にすること。

今まで「こうだ」と信じていたものが、ボロボロと崩壊していくのを目の当たりにしている人たちもいるでしょうし、これからもまだまだ出てくると思います。

「崩壊するもの=手放すべきもの」と気持ちを切り替えて、ではこれからはなにが大切になるのかを見直してみたいと思います。

 

・人を思いやる優しさを生む

新型コロナウィルスは、目には見えません。

だから、こそ多くの人が必要以上に恐れてしまっているように思います。

しかも本人が無症状・無自覚でも人に移してしまうことがあるという特徴を持っています。

 

お恥ずかしいながら今まで、「私はちょっとのことでは大丈夫、免疫力が働いてくれるから!」と自信を持っていたのですが、今回のウィルスの拡大を見ていると、そうも言ってられないな、と。

これは「自分さえよければ」という考えだった人が、「大切な人や周りの人のために」という考えを持ち始める機会になるのではないか、と思ったのです。

今回のことは個人単位の問題ではなく、「皆で一緒に協力して」という姿勢がカギな気がしています。

 

コロナウィルスによるポジティブな影響を、ざっと思いつくだけ書き綴ってみましたが、いかがでしたか。

もちろんネガティブな面を見てみないふりをしよう、というわけではありませんが、それだけではありませんよ、と思って記事にしました。

 

あと、免疫力には心の在り方も大きく左右します。

ポジティブな面を見ることは自分で選んでできること、ぜひできる範囲で取り入れてみてくださいね!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村