【ナチュラルライフ探求帖】フリーライター京*mia

世界放浪からオーストラリアへ移住後、京都に惹かれて期間未定で帰国。食とからだと心、宇宙の真理もまとめて探究中!海のある暮らしに憧れています。

【湘南・鎌倉市】駅前なのに穴場感たっぷり!本場のタイ料理『Kamakura Baan Hua Don』に舌鼓【通いのデュアルライフ】

f:id:miaE:20200926203011j:plain

 

ナチュラルライフ探求ライター、miaです。

 

さて、海辺の古都からこんにちは。

今月から始めた「通いのデュアルライフ」。

 

これからは湘南、鎌倉界隈のエリア情報もご紹介していきます。

 

まず鎌倉駅に着いて食事がしたい、美味しいご飯が食べたいという場合、ぜひおすすめしたいのがこちらのタイ料理店

 

タイの食堂 KAMAKURA Baan Hua Don

 

こちらのお店は、この近くのカフェに行く途中で見つけました。

鎌倉駅の静かな方の出口、西口から出て徒歩数分のところにあり、ビルの奥に位置しているので見つけにくいかもしれません。

 

私は昼間に看板を見ていて、「タイ料理って美味しいんだよなー^^」と反応していたため、鎌倉ライフの初日の夜、食事に迷った際に思い出して訪れたのでした。

 

ひとりだと少しだけ入りずらいかもしれませんが、お店の方とガッツリ向き合わないタイプのカウンター席があるので、心配ご無用!笑。

 

こちらの各種情報などを見るに、タイに10数年滞在していた男性とその奥さん(タイ人)が開いたお店だそう。

テーブルにはタイでは常設の4つの調味料(粉唐辛子、酢、砂糖、ナンプラー)もあり、現地感満載の雰囲気にそれも納得です。あれ、ピーナツの砕いたのもあったかな…?

 

もちろん俄然、期待も高まります。

 

メニューを見る限り、こちらのお店は生センレック(生米麺)が売りのひとつ。

タイでは普通に使われている麺ですが日本では入手困難のよう。いつもあるとは限らないかど、こちらのお店では数少ない取り扱い店だそうですよ。

 

相当迷いましたが、私が頼んだのは鶏肉入りのパッタイ、「パッタイ ガイ」(1080円)と鶏肉とココナッツスープ単体「トム カー ガイ」(900円)。

パッタイが生センレックかどうか確かめるのを忘れていたし、食べたけど違いがよくわかりませんでした…てことは、普通の麺だったのかも。

 

ただ!!!

 

いずれにしてもお味の方は、ほんっとーーーに、絶品♡

 

まず、鶏とココナッツのスープからいただきます!

 

真っ白なのはココナッツミルクの色。その中に、グリーン唐辛子やパプリカなど色鮮やかな野菜と、スープのダシを取るための生姜やバンブーがごろごろ入っている本格派です。

スープだからしゃばしゃばですが、深みのある味わいになっていて、ただただ夢中でスプーンを口に運んでしまいます。何度も「あー、幸せ♡」と言葉が口を突いて出てくるほど…。

 

ちなみに通常のスープだと大きなシェアサイズです。ひとりで頼みたいと伝えると、スープ&ご飯のメニューの300円引きでスープのみにできるとのこと。

スープがメインの料理だと、きっとボリューム多いだろうなと思い、余ったらテイクアウェイにしようと考えていましたが、パッタイと合わせてペロリと完食しました。

 

もちろん、鶏のパッタイも間違いない!タマリンドの酸味とココナッツシュガーの甘味が相まった、大好きなパッタイの味です。

バンコクでは3ヶ月以上過ごしたことがありますが、現地の味を彷彿させてくれます。でも屋台のものよりも食堂のものに近い感じ。

屋台のパッタイも美味しいですが、値段が安い分(Bt15~※2006年当時)具材も少なくシンプルです。

 

f:id:miaE:20200926203328j:plain

パッタイ ガイ」と「トム カー ガイ」

 

笑っちゃうくらい写真が下手ですが、この席(カウンター)ではこれが限界でした。

写真の良し悪しは、美味しさとは全く関係しないので、ご安心を。笑。

 

ほかにも、卵でとじたカレー粉炒めかけご飯や、豚トロのグリルともち米「コー ムー ヤーン」など気になるメニューがまだまだあるのでまた訪れたい一軒です。

 

※掲載内容は訪問時の情報です。ご利用の際は最新の情報を事前にご確認ください。

※訪問日、2019/9/14

 

Kamakura Baan Hua Don』

Add:鎌倉市御成町13-40 ヒラソル鎌倉 1-B

Open:11:00〜15:00(LO14:30) 18:00~21:30(LO21:00)、土(日・祝日営業の場合)11:30〜15:00(LO14:30) 17:30~21:30(LO21:00)

HP:

kamakura-baan-hua-don.business.site

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村