ナチュラル・コンシャス-本質的で自然に沿った暮らし-

世界放浪からオーストラリアへ移住後、京都に惹かれて期間未定で帰国。食とからだと心、宇宙の真理もまとめて探究中!海のある暮らしに憧れるライターです。

さかむけにはティートゥリーオイル×プロポリス!? 併用ケアで炎症に効能を実感!

f:id:miaE:20210628154419j:plain

Hello all! ナチュラルライフ探求ライター、miaです。

 

たまにはナチュラルライフについての投稿をしたいと思います。笑。

というのもタイムリーに効果を実感したことがあり、共有したいなと!

 

もちろん個人の体験に基づいた内容です。

お試しになる際は、自己責任でお願いしますね。

 

 

さかむけに要注意!

さかむけができるとビリリと引っ張ってしまいませんか。

私はそのままにできず、かといって爪切りで丁寧にカットする手間を惜しんでしまうため、いつも指で力任せに引っこ抜いてしまうのです。

 

もちろんこれでは炎症を起こしてしまうのが、目に見えてます。

それでも今までは、本当に酷い化膿などはしたことがほぼなく。

 

ただ一度、5年ほど前に手の指先がパンパンに腫れ上がったときの話。

その頃はお勤めライターでしたので、出勤してパソコンを叩くことができず近くの診療所で、おじいちゃん医師に指先注射で麻酔(別の意味で恐怖!汗)からの切開処置をしてもらいました。

 

はい、そして先日は久々の炎症を今度は親指に起こしてしまいました…。

 

悪夢、再び。

 

経験のある方はご理解いただけると思いますが、痛いんですよね、これ。

ですが後悔しても後の祭り、自業自得ですゆえなんとかしないと。

 

まず試したのは市販薬

ここまで腫れていると、応急処置として思いつくのが市販薬。

化膿に効くという「テラマイシン」を購入しました。

 

複合抗生物質配合と、何やら恐ろし気ですが、背に腹は代えられない。

 

こういう市販薬は効くときには早急に効くので、使い続けることもありません。

 

ティートウリーオイル」に閃いた!

 市販薬に手を染めて(いやいいんですよ、もちろん)みたものの、私の頭では「なるべく自然な治し方」へのアンテナが働いていたようで。

 

「テラマイシン」を親指の付け根にすり込みながら、ふと閃いたんです。

 

こういうときにも、エッセンシャルオイルだと。

この場合、皮膚の殺菌作用があるものと言えば…、「テイートウリーオイル」じゃないか!と。

 植物の力、なんならオーストラリアの先住民アボリジニが使っていた森のハーブ「ティートゥリー」の力に頼ろう!と。笑

 

オーストラリアに住んでいた頃、ティートゥリーオイルは大手のスーパーでも購入可能だったのでよく購入してニキビや肌トラブルがあれば振りかけていたのを思い出したのです。

 

ただ日本で、エッセンシャルオイルは直接肌に塗ることをおすすめされていないので、これも自己責任ですよ。笑

 

そこでまず簡単に買えるブランドで、ちょうどその日近くを通ることになっていたお店で調達。

 

生活の木」さんです。3mlというミニサイズしかなく、そちらを購入したのですが、ラッキーにもオーガニックでした!

生活の木」の商品はすべてがオーガニックではないそうなので。

 

3mlのオイルをすぐに使い果たしてしまったので、次はほかのオイルと同じメーカーの「ease」(アイキャッチの写真参照)のものをネットで購入。

こちらは10mlでたっぷり使える上、オーガニックというありがたさです。

 

こちらの方がより優しい香り、マイルドな使い心地な気がします。ほんの少しだけですが。

 

悪化し町の診療所へ

市販薬とティートゥリーオイル。

どちらの方が効果があるかわからないため、順番に塗りながら過ごしたものの悪化。

 

色々と予定が入っていて、いつまでも足の痛みを感じていると気が散るため、仕方がないので町の診療所へ行くことに。

それは前回のような外科的処置を期待してのこと。

 

ただ結果的に、今の状態では切開してもウミは出ないそうで、「内服で抗生物質を処方して様子見ましょう」という流れに。

 

「プロポリス」に閃いた!

 抗生物質を飲む…。

これは私にとっては最終の最終手段です。

今、特にこのご時世に免疫力を下げることはできるだけ避けたいところ。

 

抗生物質の目的は細菌を殺すことだとして、なら抗菌作用のある何か食べ物を食べればいいのでは、と思い至りました。

 

そこでまた閃いたのです。

 

プロポリス!

これだ、と思いました。

 

しかも去年、別の用途で購入していたプロポリスのスペアがまだ一本あったのです。

 

これをヨーグルトに混ぜて、ざくろジュース(リンゴでもいいですがたまたまあったので)に混ぜて飲みました。

ちなみにプロポリスはかなり味にパンチがあるので、私は先にオリゴ糖やはちみつに溶かしてからヨーグルトやドリンクを加えています。

 

併用してみたら…

直感というのは、ちゃんと聞く耳さえ持てば、そのとき本当に必要なものを教えてくれるもの。

 

まだ赤く腫れた状態のさかむけに、

ティートゥリーオイル×プロポリス。

この併用で翌朝にはすっかり忘れて過ごすくらい、なんともない!

 

化膿するときってわかりますよね。

これからまだ腫れるのか、もう最悪のタイミングは過ぎたのか。

指が熱を持っていたり腫れている部分の色だったりで…。

 

今回は、切開できないまだ赤い腫れのときに試したこと。

外(ティートゥリー)から内(プロポリス)から抗菌したことで、すっかり収まりました。

 

自然の力、万歳!

そしてそれに応えてくれた私の体に、ありがとう♡。

 

こういう小さな成功体験を積み重ねて、

ナチュラルライフに対する信頼が強化するんですね。

 

思い当たることがあれば、ぜひ試されてみてはいかがでしょうか。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村