ナチュラル・コンシャス-本質的で自然に沿った暮らし-

世界放浪からオーストラリアへ移住後、京都に惹かれて期間未定で帰国。食とからだと心、宇宙の真理もまとめて探究中!海のある暮らしに憧れるライターです。

【湘南・鎌倉市】七里ヶ浜の隠れ家サロン「UMISORA+」でまどろみのアーユルヴェーダ時間【通いのデュアルライフ】

f:id:miaE:20210906100929j:plain

(写真提供:「UMISORA+」)

Hello all! ナチュラルライフ探求ライター、miaです。

 

アーユルヴェーダは、私の心のなかにあって「いつか受けてみたいな」と思っていたもののひとつです。今回はデュアルライフ先の鎌倉、しかも定宿の隣町で徒歩圏内ということで予約。

「UMISORA+」さんは、一日一組が基本のプライベート感満載のアーユルヴェーダサロン。オーナーの陽子さんが本場スリランカで学んだ経験があることも、決め手のひとつになりました。

というのも実は、今年の抱負のひとつが「スリランカでサーフィンとアーユルヴェーダに挑戦♡」。奇しくも場所を変え、鎌倉で叶うこととなったのです。

 

 

「UMISORA+」と出逢う

f:id:miaE:20210906100941j:plain

(写真提供:「UMISORA+」)

本場スリランカスタイルのアーユルヴェーダに興味があり、受けられるところを探していると比較的すぐに見つかった「UMISORA+」さん。

しかもたびたび訪れる滞在先から徒歩圏内だなんて…!

 

検索ですぐ見つかるほどだから、私はてっきり何年もされているサロンだと思っていたのですが、聞けばなんと開業して半年とのこと!

検索のキーワードがたまたまヒットしたため、と思うもやはりこれは私に見つかるべく、だったのねと納得。

 

そしてオーナーの陽子さんとは数回のやり取りをしただけで、なんだか勝手に親近感を持ってしまい、大雨が降る予約の日、玄関先で迎えてくださった彼女と顔を見合わせた瞬間に、お互い笑い出してしまうのでした。

「UMISORA+」さんとの出逢いはつまり、私にとっては陽子さんとの出逢いだったのです。

スリランカの雰囲気を醸す空間

f:id:miaE:20210906100920p:plain

オーナーの陽子さんが実際にスリランカで受けたインスピレーションをそのまま体現したサロン空間は、そこで過ごすだけで日常から解き放たれる開放感があります。

設計コンセプトから関わったというサロンは、トロピカル建築の第一人者とも言われる、スリランカの建築家ジェフリー・バワ氏の手掛ける建築や考え方をオマージュ。

そこに彼女の温かい人柄が混ざり合った、なんとも心地いい空間に仕上がっています。

 

鳥のさえずりの入った自然音が流れ、トロピカルを思わせる植物が茂る。

まるで現地にいるかのような気分と、これからここで受けられるトリートメントに気分が高揚します。

 

コンセプトは「光」と「影」

サロンは光と影の対比を作り、それぞれのテーマを設けているそう。

 

まず通される部屋は、自然光と植物にあふれる空間で自然と繋がり、対話を通して「自分に繋がる」カウンセリングルーム。

そして、トリートメントのために通される部屋は、陰影が生み出す安らぎの空間に身をゆだね、本来の「自分に還る」セラピールーム。

 

それぞれの役割を、実際に訪れるとよく理解することができます。

f:id:miaE:20210906100925p:plain

「アーユーボーワン」と迎えてくれるスリランカの彫刻

まどろむ至福のひととき

f:id:miaE:20210909115056p:plain

サロンルームの入口は、まるで洞窟に入るようなプライベート感。

その扉をくぐると、さっきまでの自然の光からは遮断された静かな空間に繋がっています。

 

アーユルヴェーダのトリートメントというのは、力強いタイマッサージや指圧とは一味も二味も違うとは聞いていました。

 

実際に始まってその意味を、心から納得することに。

今回受けたのはアビヤンガというアーユルヴェーダの基本となる全身オイルマッサージですが、マッサージと言うのもはばかられるほど、触れているのかいないのかというソフトなタッチ。それでも肌は、指先から伝わる人の温もりを確かに感じることができます。

そのただただ優しく甘美な時間。まどろむ、という言葉がピッタリです。

ただうとうとと起きているか夢の中なのか、本人でさえもうわからないしどっちでもいい、そういう気分に…。

 

途中一度どうしてもトイレに行きたくて、その時間を中断してしまったのが残念ですが、トイレのミラーに移った自分の顔がツヤに満ち、内側から輝きを発していたのが印象的でした。

 

アーユルヴェーダのトリートメントは、オイルマッサージで上質なオイルを肌から浸透させた後に発汗させるまでがセットだそう。

「UMISORA+」さんでは、薬草スチームで発汗を促します。これがよもぎ蒸しスタイルで、お腹の下から蒸されるので冷えやすい女性には、特に効果的じゃないかと思います。

サロンによってこの発汗方法は異なるようですよ。

f:id:miaE:20210903094545j:plain

トリートメントベッドと薬草スチームいす(写真提供:「UMISORA+」)

余韻とおしゃべりまで楽しんで

f:id:miaE:20210906101045j:plain

どのプランにもハーブティーが含まれますが、今回私がお願いしたプランは、施術後のスイーツが含まれるもの(食いしん坊が出てる!笑)。

 

オーナーの陽子さんは、料理やお菓子作りも得意で教室を開いていたほどの腕の持ち主!今回いただいたスイーツは、トリートメント後の体に優しいローケーキ(加熱なしの調理法)。

さらに旬の鎌倉食材で作った、名付けて「鎌倉スムージー」も提供されます。

 

陽子さんと女子会さながら、楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

陽子さんは気さくで美人な女性なうえ、彼女はご自身も大病を乗り越えてこられていて、今のサロンもその後のチャレンジであることも、彼女とお話をしていると不思議と前向きな気分になれる理由のひとつかもしれません。

 また、施術後にサロンを出ると潮風を感じ、少し歩くと湘南の海岸に辿り着くところも、スリランカ現地さながらでいいですよね。

 

体と心のメンテナンスとして、自分へのご褒美として。

誰かにこっそりと教えたくなるアーユルヴェーダサロンです。

 

「UMISORA+」
Add:七里ヶ浜のどこか(予約後にお知らせ)

Open:10:00~16:00 ※一日一組限定サロン(要予約)

HP(Facebook/Instagram):

https://www.facebook.com/umisoraplus/

@umisora_plus_ayurveda

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村