ナチュラル・コンシャス-本質的で自然に沿った暮らし-

世界放浪からオーストラリアへ移住後、京都に惹かれて期間未定で帰国。食とからだと心、宇宙の真理もまとめて探究中!海のある暮らしに憧れるライターです。

【沖縄/石垣島】「魚の肴と島料理 あじまー商店」で現地の味を食べ尽くす!【旅するように暮らす】

f:id:miaE:20211004114928j:plain

Hello all! ナチュラルライフ探求ライター、miaです。

 

沖縄料理と称されるもの、私は好きです。

もずくの天ぷらもジーマミー豆腐海ぶどうも…。それらをキーンと冷えたオリオンビールと一緒に食べる、というシチュエーションだけでもワクワクします。

 

そう、沖縄料理は何人かで食卓を囲むのがいい。色んな種類の料理を頼んで、ちょっとずつシェアするのがいい。

「ゆんたく」という気心知れた友人たちとゆっくり食事やおしゃべりを楽しむ文化が沖縄にはあります。

 

 

ひとり旅でも快適に沖縄料理を

今回はひとり旅ですからね。

それでも沖縄料理を、ということで到着日にまず行ったのがこちらです。

 

八重山諸島を食べつくせ」がテーマという「魚の肴と島料理 あじまー商店」。

 

理由は宿に近かったこと、営業していたこと(緊急事態宣言下)、そして清潔感があり女性ひとり旅でも入りやすかったことです。

 

もちろん世界の旅先では、現地のおっちゃんしかたむろしていないお店も散々入ってきましたし、大阪でも駅ビルのちょっとカオスなお店も好き。

でも今は快適さに重きを置いて、こちらをチョイス!

 

結果かなり気に入って、2度お邪魔しました。

 

緊急事態宣言下でも元気に営業中!

どのお料理も美味しくてボリューム満点!

とにかくメニューの内容がどれも魅力的で、迷う迷う。

 

ちなみにお通しが3品から選べたのですが、こちらはマスト&有料です。笑

ま、いずれも迷うほど美味しそうな一品だったのでよしとします。

 

そして訪問時は緊急事態宣言下のためアルコール提供はなし(残念!)。

代わりに、自家製ジンジャーエール西表島産黒糖レモンスカッシュなどで喉を潤してね。

 

個人的おすすめのハイライト

散々迷った挙句、いただいたのがこちらの品々!

ひとりで2日掛けて食べたボリュームですのであしからず。笑

 

3種類から選べる「お通し」

先ほども書きましたが、お通しは有料です。会計時に知りましたが、こういう文化なのでしょうか。390円ほどしたと思います。

初日に食べた「パパイアのキムチ」は、さすが沖縄だなぁという一品。私はタイのパパイアサラダ「ソムタム」が好きなので、ちょっとそういう印象。ピリリと辛くてビールと行きたかった…!美味しかったです。

f:id:miaE:20211004120948j:plain

「自家製ジンジャーエール」とお通し「パパイヤのキムチ」

 

お気に入りは毎回頼む「ナーベラ―」

やはり旅先の現地の食を試したくて、見慣れない言葉を探して店員さんに質問。

 

ナーベラ―がへちまだと聞き、ゴーヤやへちまなど「苦みのある緑の野菜が良く育つんだろうな」と思いつつ興味が湧いてオーダー。

最初は「ナーベラ―の味噌煮」を頼んだのですが、20代のチャキチャキした女性店員さんが、「私はこちらの『とろとろ生ジーマーミ豆腐と島産ナーベラーの揚げ出し』がおすすめです。ジーマミー豆腐と一緒に食べて欲しい」と勧められて、そのまま注文。笑

 

結果、生ジーマミー豆腐ナーベラ―がダシ汁に溶け込みとろとろに馴染んで、サイコーに美味しかったのです。よって、こちらおすすめ!

f:id:miaE:20211004121240j:plain

「とろとろ生ジーマーミ豆腐と島産ナーベラーの揚げ出し」528円

f:id:miaE:20211004121353j:plain

ナーベラ―とはへちまのこと!とろりとして苦みはほぼなし

 

ボリュームに圧倒される「もずくの天ぷら」

もずくの天ぷらは、もちろん揚げ立てで玉ねぎのスライスと一緒に揚がっていてかき揚げのよう。南国らしくハイビスカスのお塩、またはつゆでいただきます。

f:id:miaE:20211004121439j:plain

「もずくの天ぷら」715円

沖縄料理と言えば「ゴーヤちゃんぷるー」

野菜炒めも食べなきゃね、とこちらもオーダー。

ゴーヤはやはりちょっと苦みが残っていて、でもこの残暑の沖縄ではそれもなぜか美味しいのです。カツオやダシの風味が聞いていて、まろやかにちゃんぷるー(混ざって)います。

スパムや豚肉がたっぷり入っていて、「しまった!」とは思ったものの後の祭り。ほぼ完食しましたよ!

f:id:miaE:20211004121517j:plain

「ゴーヤちゃんぷるー」715円

八重山そば」は中でもボリュームたっぷり!

嬉しい悲鳴ですが、ボリュームたっぷりコスパ高めの同店。

これなら小でも十分かもと思いつつ、完食。笑

 

ちなみに沖縄で食べるそばは、似て非なるもの。

そば粉ではなく小麦粉で作られた、歯ごたえのある麺です。

なれないうちは「うん?」と思いますが、うどん好きの大阪人からすると美味しいですよ。

 

ヒバーチ(ピパーチ)という島胡椒や、島とうがらし泡盛に浸けた独特の調味料を掛けていただきます。

f:id:miaE:20211004121552j:plain

八重山そば(中)」715円

沖縄では白ご飯より「じゅーしー」⁉

沖縄では白ご飯より、「じゅーしー」を食べるのでは?と思うほどよく見かけます。「じゅーしー」とは沖縄風炊き込みご飯のこと。

豚のダシや昆布ダシで野菜などの具材を混ぜ込んで炊いたもの。ほんのり甘くてコクがあって子供から大人まで好きな味ではないでしょうか。

こちらの「じゅーしー焼きおにぎり」も美味しかったー!香ばしさがプラスされ、海苔を巻いてパリパリといただきます。

f:id:miaE:20211004121655j:plain

「炊きたてじゅーしー焼きおにぎり」605円

 

ハッキリいってかなりのボリュームで、お腹いっぱいになります!

 

特にもずくの天ぷらは揚げ物ということもあり、提供されたときに「おぉ!」となりましたからね。苦笑。結局、やはり食べ切れず一切れテイクアウェイに(その一切れが食べ切れないってとき、あるでしょ!笑)。

 

まさに、「八重山諸島を食べ尽くした宵」。

幸せなひとときに相成りました。

 

若い店員さんばかりで活気がよく、観光客の多いオープンなお店です。

 

あえてちょっと付け加えるとすれば…、

ひとり客は壁に向いた(このスタイルはカウンターの幅が広ければ歓迎!)カウンターに通されることと、お会計が席なのだけどそのために声を掛けても忙しいときは忘れられがちに。

 

とはいえ4泊中、2夜お邪魔しているので、好きってことです。笑

美味しかった、ご馳走さまー!

 

※掲載内容は訪問時の情報です。ご利用の際は最新の情報を事前にご確認ください。

※訪問日、2021/9/27、29

 

「魚の肴と島料理 あじまー商店」
Add: 沖縄県石垣市大川250-3 与儀ビル-1階 

Open:12:00~15:00(Lo14:30) 17:00~24:00(Lo23:00、ドリンクLo23:30)

Close:不定

HP:

tune-up.biz

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村