ナチュラル・コンシャス-本質的で自然に沿った暮らし-

世界放浪からオーストラリアへ移住後、京都に惹かれて期間未定で帰国。食とからだと心、宇宙の真理もまとめて探究中!海のある暮らしに憧れるライターです。

【沖縄/石垣島】念願叶って!宮良川のヒルギ林で「KANS」のマングローブSupを【旅するように暮らす】

f:id:miaE:20211009145414j:plain

Hello all! ナチュラルライフ探求ライター、miaです。

 

今年始めたサーフィンと同様、気になっていたマングローブSup。

これはSupだけでも、マングローブだけでも違うのです。すなわち、海でするSupではなく、マングローブでするカヤックでもないのです。

 

ケアンズ時代は、友人がSupのインストラクター。

しかもマングローブなんていたるところにあったのにもかかわらず、結局トライすることはなかったというのに。

というのも、ケアンズではマングローブといえばワニの住処。よく無人島ツアーに行く際など、リバークルーズの際には「ワニのチェックポイント」なるものがあり、よく皆でワニ探しをしたものです。

そんなわけで、満を持して日本の楽園、ワニに怯えることのない沖縄の石垣島マングローブSupをすることに!

 

 

マングローブSup(サップ)とは

f:id:miaE:20211009172534j:plain

マングローブが生い茂る川をSupするアクティビティのこと。

マングローブとは海水と淡水が混ざり合う「汽水域」に生える植物の総称で、常緑樹木やヤシ、ツル、シダ類が群生している森林を指すこともあります。

 

SupとはStand Up Paddle(スタンドアップパドル)の略称。

名前の通り、サーフボードの上に立ってパドルで漕いで水上を進むウォーターアクティビティのことです。

 

以前、例のケアンズ時代のSupインストラクターにその人気の理由を聞くと、「日本からのゲストから人気の理由は、メイクをしたまま写真が撮れる、映えるスポーツ」だからとのこと。苦笑

それを聞いてちょっと笑ってしまいました。確かにSupはそれほど難しいスポーツではないし、初めてでもボードの上に立つのは簡単。さらに水しぶきを浴びることもなければ、水に顔を浸ける必要もありません。

とはいえ、まさか「映えるスポーツ」だとはね。私も「映えSup」に初挑戦でーす!笑

 

石垣島のスポットは宮良川

f:id:miaE:20211009145414j:plain

宮良川は石垣島で最長のマングローブ川として知られ、国指定の天然記念物でもあります。

宮良川のヒルギ林はメヒルギ、オヒルギ、ヤエヤマヒルギなどを中心としたヒルギの大群落。宮良川の河口から約2キロに渡って繁栄し、面積にしてなんと225ヘクタールもあり雄大な景色が広がります。

国内外から、Supやカヌーを楽しむ人が訪れるスポットでもあります。

スタートはここ!

f:id:miaE:20211009145443j:plain

私は今回「KANS」主催のマンツーマンツアーに参加してきました。

感染対策の目的もあり、「KANS」さんでは貸し切りツアーのみのようでした。

 

さて、宮良橋近くに車を止めると、写真(上)のように川辺へ降りる階段があり、ガイドさんが慣れた手つきで、ボード二人分を川辺へ運んでくれます。

川辺でまず少し説明を聞いてから、念のためにとボディジャケットを被ると、いざ水上へ!

f:id:miaE:20211009145446j:plain

ここから出発!

雄大な風景のなかをスーイスイ

f:id:miaE:20211009145539j:plain

宮良川を漕ぎだし、すぐに橋の下を通るのですがそこが一番逆風が強いのだそう。その後は、穏やかな流れなので初心者でも問題ありません。

 

最初は座って漕ぎ始め、慣れてきたら立ってみてそのまま立ち漕ぎにシフトします。

途中でマングローブの木々がトンネルを作っていて、その下をくぐるときには座って姿勢を低くすることも。ボードの上での感覚に、一度慣れてしまえば大丈夫ですよ。

f:id:miaE:20211011210405j:plain

姿勢を低くする場面も

 

幻想的な手つかずの洞窟

f:id:miaE:20211009145552j:plain

Supで行ける一番奥には、手つかずの洞窟が。

そのなかに入ることもできますが、洞窟が低めなのでボードの上から楽しみます。内側からは、写真(上)のように水面に反射した木々がキラキラと輝いて見え、それは晴れた日のみの特権だそう!

f:id:miaE:20211009145526j:plain

洞窟の奥へは座ってイン

マングローブヒルギ林へ探検

f:id:miaE:20211009145453j:plain

マングローブヒルギ林に上陸して、しばらく探検する時間もあります。

足元はまるで沼地!足が取られそうになるので、履物には気を付けて。ビーチサンダルだと鼻緒部分が抜けてしまう可能性があるので、沖縄で人気の「ギョサン」がおすすめ。

 

ガイドさんがしてくれるヒルギの話、発芽の仕方の話も興味深かったです。

 

リクエストして泳ぎの時間も

f:id:miaE:20211011211004j:plain

ツアーの当日は9月の終わりというのに、南国なのでまだまだ真夏日
水上スポーツは、頭まで水に浸かる必要はありませんが、暑い日には浸かりたくなりますよね。

というわけで、私からリクエストして泳ぐのに適したスポットでは、少し時間を作ってもらいました。

f:id:miaE:20211009145500j:plain

嬉しさが溢れている!笑

どうでしょうか、私のマングローブSup、映えていましたか?笑

写真の撮影は、ガイドさんがスマホコンデジを駆使して担当してくれましたよ。

 

マングローブSupデビューが、石垣島の宮良川だったことを嬉しく思います。

川に漕ぎだしてすぐに雄大な自然に包み込まれ、今自分がどこにいるのか一瞬見失う感覚に。しかも大人数のグループではなく、マンツーマンだったのも良かったですね。

 

※一人だと1,500円の追加料金が掛かります。ただちょっとおまけもあるので、ぜひ「KANS」さんのインスタグラムをチェックしてみて!

 

今、川を進んだ先に、また橋の工事が始まっています。

次来るときには、この手つかずの自然のなかに人工物が増えるのだな、と少し寂しくもありますが、必ずまた戻ってきたい。

 

貴重な経験を、温かくサポートしてくださり「KANS」さん、ありがとうございました!

 

※掲載内容は訪問時の情報です。ご利用の際は最新の情報を事前にご確認ください。

※訪問日、2021/9/29

 

「KANS石垣島
Add:沖縄県石垣市真栄里204-365シュロスⅡ 101

HP:

kans-ishigaki.com

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村