ナチュラル・コンシャス-本質的で自然に沿った暮らし-

世界放浪からオーストラリアへ移住後、京都に惹かれて期間未定で帰国。食とからだと心、宇宙の真理もまとめて探究中!海のある暮らしに憧れるライターです。

【大阪/北浜】駅直結!集中して作業したいときの「THE ROYAL PARK CANVAS 大阪北浜」

f:id:miaE:20211030103751j:plain

Hello all! ナチュラルライフ探求ライター、miaです

 

ノマドワーカーの拠点をご紹介しています。

私のようなフリーランスのみならず、今はリモートワークがデフォルトとなった会社勤務の方も多いかもしれません。

そんなとき、家だと家族がいて落ち着かない、集中力が保てないときがありますよね。

 

そんなときに、気分で選べる「ノマドワーカーの拠点リスト」を作ってみてはいかがでしょう。

 

今回は、大阪北浜の「ザ・ロイヤルパークキャンバス」。

私も初めて知ったのですが、全国展開しているホテルなのですね。

実際行ってみた感想をリポートします!

 

 

「ザ・ロイヤル―パーク キャンバス」とは

キャンバスと聞いて、大学を思い浮かべる人も少なくないのでは?

オーストラリアでも「〇〇校」のことを、「〇〇Canvas」と表現するので、私はてっきり大学かと思っていました。

…が、こちらなんとホテルなのです!

 

しかも東京、名古屋、京都、神戸、大阪、最近では新しく北海道にも進出していました。

 

CANVAS は、人が集うことで何かが生まれる場所。
その名前には「ホテル」の文字がありません。

私たちが目指すおもてなしは
格調や形式を伴った伝統的なものではないからです。

そこにいるだけで何かが生まれる場をお届けすること、
それがCANVASのおもてなしです。

 

コンセプトを読んで、なるほどと納得。

「ホテル」の文字が入っていないのもあえて、だったのです。

「何かが生まれる場」という空間でおもてなし、というのも今どきですね。

 

北浜駅直結!雨知らず

f:id:miaE:20211030104708j:plain

北浜駅から一分というのもとても便利!

しかも地下から上がったらすぐホテルの入ったビルなので、雨の日も濡れる心配がありません。

 

ホテルっぽくない(?)入口

ホテルといえば、ドアマンがいて車を付ける正面玄関があるもの。

ですが「ザ・ロイヤルパークキャンバス」は洗練はされているものの、いたってシンプル。こういうところも通常のホテルとは違う印象を受けます。

意識していないと、見落としてしまいそうです。

f:id:miaE:20211030104817j:plain

11:30am~のランチメニュー

f:id:miaE:20211030104838j:plain

地上から入る入口部分

f:id:miaE:20211030104951j:plain

ラグジュアリーなインテリアはホテルらしい

f:id:miaE:20211030105024j:plain

階段を上がって館内へ

落ち着いた空間が広がるラウンジ

f:id:miaE:20211030105335j:plain

館内に入ると右手にホテルのレセプション、左手にカフェのレジがあります。

スタッフの方は両方を対応されているよう(少なくとも私の訪れた時間帯は)なので、自分がどちらのサービスを受けるのかで、必要なカウンターへ向かいます。

 

このラウンジはもちろん宿泊者用の朝食会場でもありますが、それ以降は宿泊者以外にも開放してくれています。

 

窓が広くて開放感もたっぷり!オフィス街のオアシス、という印象です。

カウンターも奥行きがあって、高い椅子でも落ち着いて座ることができる足の置き場もあります。

 

ホテルとしての表立ったラグジュアリー感は控えめでも、インテリアの重厚感やスペースを贅沢に使う感じは、やはりホテルだなと実感します。

 

ドリンクは好き嫌いあり?

ただメニューは、コーヒー一杯を頼むと800円

これは滞在費とドリンク飲み放題の料金なのです。

 

知らなかったのですが、11:30am以降だとランチとしてサンドイッチが付きますが、それ以前はドリンクのみで800円!

飲み放題のドリンクはマシンで入れます。イメージとしては高級感のあるマンガ喫茶のマシン。

 

これは良し悪し。好きな人もいるでしょうが、美味しいコーヒーを飲みたいときには不向き。

ちなみに、ドリップコーヒーをセルフで入れるコーナーもあり、確認して淹れたのですが、どうやらこちらは宿泊者のみのサービスだったようと後から知る。苦笑

対応してくれたのが日本人ではないスタッフで、私が宿泊者かどうかあまり気にせず「どうぞー」って感じでした。笑

 

正直、私は追加料金があってもいいので、ハンドドリップをプランに入れて欲しいです。

マシンのコーヒーは苦いだけで美味しくないのです。抹茶ラテは甘過ぎました…。

紅茶やレモンを入れたフレーバーウォーターで喉を潤しましたが。

f:id:miaE:20211030110247j:plain

ドリンクマシンは左奥に

f:id:miaE:20211030110342j:plain

豆を自分でブレンドして挽き立てが飲める

f:id:miaE:20211030110552j:plain

ハンドドリップは美味♡

 

ノマドワーカーポイント★★★★

f:id:miaE:20211030110811j:plain

ノマドワークをする拠点としては、★×4つ。

空間としては申し分なし!隣の人とのスペースもゆったり取られて、居心地は最高なのです。

 

ただやはり飲み放題のコーヒーが美味しくないのは、個人的にポイントが低め。

2杯までなど制限があってもいいのでハンドドリップを希望したいです。このドリンクバーで800円…。少し割高感を感じます。

 

ただ集中して仕事がしたい人には、ピッタリだと思います!

11:30am以降だと、サンドイッチが含まれるので逆にコスパは高くなります。笑

 

  • コンセント:あり
  • WIFI:あり(無料)

 

※★は5つ★中、で私個人の独断と偏見で評価のためあしからず♡

 

ハッキリ言ってロケーション・空間は★×5つ!

ただコーヒー好きな私の個人的見解のため、★4つに。

 

またお世話になりたいと思います、今度はサンドイッチのときに。笑

 

※掲載内容は訪問時の情報です。ご利用の際は最新の情報を事前にご確認ください。

※訪問日、2021/10/14

 

「THE ROYAL PARk CANVAS(ザ ロイヤルパーク キャンバス )大阪北浜」
Add:大阪市中央区北浜1-9-8

Open:朝食6:30~10:00、カフェ&バー10:00~24:00(LO23:00)

HP:

www.the-royalpark.jp

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村