ナチュラル・コンシャス-本質的で自然に沿った暮らし-

世界放浪からオーストラリアへ移住後、京都に惹かれて期間未定で帰国。食とからだと心、宇宙の真理もまとめて探究中!海のある暮らしに憧れるライターです。

呼吸法と瞑想の狭間、忙しいときほど心を無にする瞬間を

f:id:miaE:20211219151837j:plain

Hello all! ナチュラルライフ探求ライター、miaです。

 

本日ふたご座満月を迎えたかと思えば、3日後には冬至が控えている。

 

日本での暮らしはこういう節目を大切にしがちだし、それは前に進むためにも運気を上げるためにも素晴らしいことだと思っています。

 

物理的にもクリスマス、忘年会、年越し、新年と次から次へとイベントが目白押しの賑やかで楽しい季節ですよね。

ただ12月は「師走」という言葉にもあるように、心の落ち着く暇がない印象が…。

 

そんなときだからこそ私が心がけているのが、心を無にする瞬間を持つ、ということ。

 

私が実践しているのが、瞑想と呼吸法のあいだのようなもの。

 

まずテレビの音を消して、スマホを手から離して、上に向けた両手を膝の上に軽く置いて瞑想のポーズをとります。

 

スーーーーッとまず体内から空気を吐き出します。

そして吐き切ったら数秒留めて、力を抜くと自然と息が入ってきます。その息をお腹を膨らませるイメージで吸い込み、その次に肺まで膨らませます。

全身で息を吸いきったらまた数秒溜めてスーーーーッと吐き出します。

 

それをただ繰り返します。

 

ちなみによくするのはシンプルな腹式呼吸です。

最近なんとなく肺の方まで空気を入れると、全身に新鮮な酸素が行き渡るイメージが出てきたので、ときどき全身呼吸をしています。

 

やりやすい方でお試しください。

 

ただ胸呼吸だけだと、呼吸が浅くなるのであくまでベースは腹式呼吸で。

 

さらに私がよくするイメージングは、吸い込むときに空からキラキラした光が下りて来て、それを頭の頂点からスーッと体の中心を通すというもの。

そして吸い切ったら数秒、体中を美しい光が満たして細胞レベルまで浸透するイメージをします。

そこから吐き出すときに、体内の不要なものを一緒に吐き出して終了です。

 

下りてくる光は、金色や虹色が多いですが、真っ白でもマゼンタでもその日の気分でたっぷりと浴びてくださいね♡。

 

ただのイメージと侮るなかれ、実践しているととても心地よくなるのに気付くはず!

 

本当は「何十分もかけて瞑想」というのをしたくて、何度も試したのですが、どうも私の性分には合わなかったようで…。汗

 

そこで「呼吸法なら!」と始めたのがこの方法です。

 

光のイメージをすることで頭の中の余計なおしゃべりが少しは静かになるので、できる限りで一番瞑想に近いかな、と思っています。笑

 

ほかにも素足で芝生や海辺などの上で、アーシンググラウンディングを一緒に行う呼吸もあって、そちらも気持ちがいいものです。

ただ今は真冬なので、温かい室内で行えるものをご紹介しました。

 

どうしても忙しくしていると、目の前のことにフォーカスし続けるため、自分の本質とはずれた部分で一喜一憂してさらに疲れることに。

 

今、と思うタイミングで一日に何度でも行ってみましょう。

一度に行うのは数分でも5分でも構いません。

 

もし体に不調があれば、その部分により多くの光を送ってあげましょう。

そして吐き出すときには、その不調も一緒に吐き出すのをお忘れなく。

 

もしこのやり方にピンときた、もしくは実践して自分には効果がありそう、と感じたならきっとそれが正解ですよ。

ぜひ習慣にして、多忙なこの時期を快適に乗り切りましょう。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村