ナチュラル・コンシャス-本質的で自然に沿った暮らし-

世界放浪からオーストラリアへ移住後、京都に惹かれて期間未定で帰国。食とからだと心、宇宙の真理もまとめて探究中!海のある暮らしに憧れるライターです。

【京都/三条】街中に佇むメルボルンスタイルのカフェ「Common Well」でノマドワーク?

f:id:miaE:20220406145130j:plain

Hello all! ナチュラルライフ探求ライター、miaです。

 

「街中にメルボルンスタイルのカフェができたらしいよ」と耳にし、オーストラリア歴の長い私、気になって足を運んできました。

その名も「Common Well(コモンウェル)」、2021年9月開業の「HOTEL RINGS KYOTO」と共にオープンしていたそう。

 

今回はノマドワーカーの拠点としてのポイントと共に、紹介します。

 

 

気になる店名「Common Well」の意味

公式Instagramでは、

「Common Well」とは直訳で「共同井戸」と言う意味。

お店の近く、京都屈指の観光地錦市場は古来より地下水が豊富で、新鮮な食材を貯蔵するのに適していたことから、人々が集い賑わう場所となっていました。

 

当店も同じように、好きな時にすきなものを好きなだけ食べたりできる、皆様のコミュニティであり、憩いの場所であり・・そんな場所になって欲しいという願いが込められています。

 

この場所で地域に根ざし、行き交う人々の暮らしに寄り添う存在になりたい

 

と説明されています。

 

ホテルの飲食施設としての役割と同時に、そのブレックファストを一般のお客さんにも提供するなど、確かにその扉は大きく開かれているよう。

 

ラテのエキスパートが監修

特筆すべきは何とこちらのカフェ、ラテアート世界大会で2度優勝、5年連続世界大会で入賞した世界的トップバリスタの下山修正さんが監修!

「本格的なメルボルンスタイルのコーヒー」を提供しているそうです。

 

メルボルンスタイルって?

で、「メルボルンスタイルとは何ぞや⁉」と思ったのですが、どうやらカフェの聖地メルボルンでは、細かくカスタマイズできるコーヒーが主流。そのため自分好みの一杯を見つけられるのが特徴で、その流れを汲んでいるから、だそう。

ちなみにメルボルンだけでなく、私の働いていたカフェはケアンズでもシドニーでもそうでした。と言うより、メニューを見ずに好みの仕様をオーダーしてくるのですよ、彼らは。笑

「Large Flat White on soy extra hot(豆乳フラットホワイトの大、熱くしてね)!」と言った風にオーダーが入ります。

つまり、だいたいどのカフェでもあるドリンクが同じだからできること。

 

あと最後に、オーストラリアのカフェらしさ、と言えばやはり「バリスタのフレンドリーさ」です。求人募集にもいつも「Bubbly person(バブリーな人)」とあるほど、人柄は重要視されています。

で、ここにはあまりそれを感じなかったかな、と。率直ないち客の感想ですm(__)m。

 

ホテルの一階に構える

f:id:miaE:20220406150420j:plain

外観

HOTEL RINGS KYOTO」の一階部分がカフェ。

広くガラス張りになっていて、陽の光が燦々と空間を満たしてくれます。ただ店の前に並んだ植物によって自然な目隠しに。おかげで、通りすがりの人たちに「見られている」と構えることもなく過ごすことができますよ。笑

 

ホテル併設のカフェのため、一日中通しでオープンしているのも便利。

コンセントやフリーWIFIもあり、使い勝手のよさも魅力です!ちなみにWIFIはレジの横にパスワードが書かれた紙があるので、必要な人は忘れずに。

f:id:miaE:20220406151649j:plain

コンセントはこの大テーブルに

 

ランチはセットがお得

f:id:miaE:20220406151758j:plain

「ランチセット」1,250円

 

気になっていたメニューは、オーストラリアでもよく食べた「Smasshed Avocado」(潰したアボカドをトーストに乗せたやつ)ですが、そちらは単品のみの注文だったので王道にランチセットにしました。

 

この日のメインはミラノ風カツレツ、だったかな。

新鮮なサラダや一品(キャロットラペ)、スープ、パン、そしてドリンクが付いてきます。ここでエスプレッソドリンクが選べたのがポイント高かったですね。

f:id:miaE:20220406152220j:plain

「フラットホワイト」

もちろんとても美しいミルクのフラットホワイト、でした。

こちらもオーストラリアでは定番、フラット(平)と名前にあるだけあって、ミルクの泡の部分がとても薄く、エスプレッソとたっぷりなミルクが混ざったまろやかな一杯のこと。

 

追加料金なしで中深煎り、浅煎り、中深煎りディカフェが選べるそうな。

後から知って選びたかった・・と。次は浅煎り、デイカフェと順に試したい!

 

ノマドワーカーポイント★★★・☆

f:id:miaE:20220406151712j:plain

ホテル併設のカフェということもあり、仕事利用の人は多いでしょうね。

実際に、私がランチを楽しんでいる横で、何人もの方がお仕事中でしたよ。

 

スタッフが適度にクールな感じも、ノマドワークには最適かも!笑

 

ノマドワークをする拠点としては、★×3.5つ。

理想はもう少し大きいと嬉しい。ノマドワークする際は、混んで席を譲ることがなるべくないような大きいスペースが、個人的な理想だからです。

 

  • コンセント:あり
  • WIFI:あり(無料)

※★は5つ★中、で私個人の独断と偏見で評価のためあしからず♡

 

※掲載内容は訪問時の情報です。ご利用の際は最新の情報を事前にご確認ください。

※訪問日、2022/4/1

 

「Common Well(コモンウェル) 」
Add:京都市中京区堺町通六角下る甲屋町393番地

Open:

モーニング 7:00~9:30、
カフェ 9:30〜11:00
ランチ&カフェ 11:00~17:00
ディナー 17:00~22:00

Close:不定

HP(Instagram):https://www.instagram.com/commonwell_kyoto/

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村